FC2ブログ

IMG_7452 - コピー (2)

植物画を描く上で、

一つの観察すべき点に

昨年の枝と、

今年伸びた枝との区別ができているか

ということがあります。

先日ご紹介いたしました

大輪花を咲かせるパピデルパール、

今年はあまりに盛大に花を咲かせているので

描いてみようかと思い

何処で茎を切ろうかと

下の方まで茎をたどっていきましたところ

なんと春に新芽を出してから

その新芽が成長して約1カ月半ほどで

80~95センチというとても速い成長ぶりで

太い茎をのばし、

先に花をつけていたことがわかりました。

上記の写真を見ますと

普通によくある、30~60センチほどの

新しい茎の先に蕾をつけているように見えますが

実はその見えない部分にも

更に長い長い茎が伸びているということです。

しかもそれが1~2カ月の間に急成長したこと。

(写真だけなら、花屋で見かける

小さめの中輪花を沢山咲かせる

スプレーバラにも見えないこともありませんが、

スプレーバラの花に比べ

花の大きさは直径13センチほどと

4倍近くもあります)

よく見かけるバラの植物画では

大抵、額に入れたときの見栄え、

額の大きさも考え

紙の寸法を気にしながら

丁度良い長さで茎を切って

描くことが多いですね。

しかし、花の色や形大きさが

違うことだけが

植物の特徴ではないということです。

同じ時期に成長する速さも違うということです。

ですから、正確に描かれた植物画であっても

描き切れない部分や

成長の速さなどというものは

実際に目で見てみないとわからないということを

パピデルパールを見て感じました。

なぜ、今回このようなことにこれほど

感動したのかといいますと

このデルパールは、何年も、

長い新芽の先にたった一輪ずつしか花を

付けませんでした。

稀に2~3個蕾をつけることもありましたが

大抵は一つだけ。

デルパールは、背丈2~2.5メートルもある背の高い品種で

葉ばかり多くて、花は先に1輪ずつという

綺麗だけれどコストパフォーマンスが

あまりいいとは言えない植物なのだと

思っていたわけです。

ところが今年は成長が良く、

茎が倒れず直立して花を咲かせるということ以外に

一本の茎に10~15個ほどの

沢山の蕾もつける能力のある植物だったことに

気が付きました。

それは昨年末に、バラをたくさん育てている

生徒の方から、ちょっとしたアドバイスを

いただいたから・・・

それで、少しネットなどで調べ

自分でバラを剪定してみたのです。

その30分ほどのお手入れのお陰で、

いつもと同じ肥料(てんぷらの残り油)

同じ環境にもかかわらず

物凄い成長を見せてくれました。

IMG_7451 - コピー

本当のパルデルパールの

姿を見ることができたのです。

植物が私たちに見せている姿は

毎年同じようであったとしても

必ずしも本来の姿ではないかもしれないと思いました。

毎年見せる姿は、毎年同じ環境であるから

かもしれません。

同じ環境とは、

同じ人が育てる環境という意味も含めて。

成長しやすい方向に導いてやれば

それに応えるかのようにまっすぐに枝を伸ばし、

蕾も沢山つけて、かつ大輪を

美しく咲かせてくれるんですね。

ふと、これは人にも当てはまるかもしれないと思いました。

もし今、尖った気持ちが

表に現れている人がいたとして

優しい言葉をかけられる人に導かれたなら

隠れていた本来の良い面が人格として

現れてくるかもしれません。

励ましの言葉は、人を育てるといいますが

育つというより、生まれつき持っていた

それまで内面に隠れていた良い部分が

上手く導いてくれる人に出会うことによって

表に現れてくるかもしれないということです。

普段の水やりと草取り以外に

少し手入れをしてやっただけで

まるで、植物が応えてくれたように思え

言葉は通じなくとも、交せなくとも

気持ちが通じたようで嬉しい、

植物画を描くようになり

私は、色々な体験をさせていただき

なんと世の中が広く感じられるようになったことでしょう・・・

植物、有難う~☆/


IMG_5568 - コピー

バラ パピデルパール

とても大きな花です。

大きなものは

直径13センチほどにもなるのですが

大きな花を咲かせる宿命ともいえる

重さに耐えきれず

大抵は、枝が横たわってしまい

ほとんどの花は上を向いて咲かない・・・

けれど、中央の数本だけは

稀に茎も花の重さに耐えうるほど太ければ

まっすぐ上を向いて

咲いてくれることもあります。

IMG_5570 - コピー

昨日は、雨が降りそうな気配の中

そんな、稀・・・な枝を見つけました。

どんなに上を向いて咲いていても

雨が止んだころには、

大抵雨に打たれ、風に揺られた結果

茎は横たわり花は雨のせいで

変わり果てた姿に・・・

ですから、

思い切って、切ってしまいました。

そして部屋へ持ち帰って

花器に生けました。

IMG_7235 - コピー

大きな花の重さに耐えうる太い茎に恵まれ

かつ、

丁度中央の天辺に蕾を付けたラッキーな花。

私の部屋に飾りましょ!

心地よい甘い香りにうっとりしながら

しばらく鑑賞させてね・・。

IMG_7314 - コピー


柔らかい

柔らかい

色、

形、

そして甘い香り・・

200点満点・・・


IMG_7214 - コピー

黄金の冠

という名にふさわしい

黄金色のバラ。

IMG_7214 - コピー (2)

今年一番最初に開花したカスクドール。

開花時は黄金色ですが

すぐに淡い黄色へと。

毎年、その年一番の花は

なかでもとりわけ美しい。

IMG_7217 - コピー

IMG_7215.jpg

王の冠・・・というより

王女様のティアラのイメージ。

今年も、本当に

可愛らしく咲いてくれました。

IMG_7224 - コピー

てんぷらの残り油と水が

生み出す

魔法・・

手間もかからず

肥料も残った食材なんて

思えないです・・・

かわいい・・

IMG_7187 - コピー

最後に咲き始めたのは

黄冠。

初めて牡丹園を訪れた際に

丁度今と同じくらいの時期でした。

黄色と白の牡丹が咲き誇り、

牡丹は黄色が多いのかと思ったほどでした。

牡丹園の方に伺うと

赤や紫などは4月中旬くらいから

咲き始めるものが多いので

来年はもっと早くに来てくださいということでした。

その後、牡丹の種類を調べると

赤やピンクに比べ黄色は

種類が少ないようです。

日本で一番よく見かけるのは

この黄冠かしら。

大体どこの牡丹園でも見られます。

IMG_7190 - コピー

実は、私は黄冠の

この淡い黄色の色味と花びらの厚みが

絶妙な組み合わせだと思っています。

この花は、美しい。

わが家の黄色いバラが

カスクドールという名前なのですが

カスクドールとはフランス語で、"金色の冠

なのだそうです。

日本には王様はいませから

牡丹の黄冠は、王冠ではなく

黄冠だったのかと想像できますが

このように美しい花なのですから

王冠と名付けてもよかったのに・・とも

思います。

それにしましても、

黄色は冠をイメージするというのは

植物の命名から見ても

世界共通のようでね。

IMG_7189 - コピー

王の冠は、王位継承者の憧れ。

威厳、

そして絶対なる権力を表す。

IMG_7198 - コピー

私は、個人的に黄色い花が

好きです。

しかしながら、牡丹の種類に少ないように

椿の黄色も非常に希少なのだそうです。

図鑑で見たら確かにあったので、

以前椿専門店を訪れた折に

お尋ねしましたら、

なんと、今、店にあると・・・

けれど、私の住むこの地域では

育ててもめったに黄色は

花を咲かせないということでした。

それで買うのをやめてしまいました。

庭では牡丹の時期が

終わりを告げると同時に

ジャーマンアイリスが

咲き始めています。

花が咲き始める前に

ジャーマンアイリスの足元を

綺麗にせっせと草取りしました。


IMG_7184 - コピー

牡丹 藤染衣と名前から想像するのは、

藤のように淡い紫色のはず・・

けれどとても濃い、クールピンクです。

そしてとても鮮やか

赤紫です。

IMG_4060 - コピー

花芯近くに 染めたように

濃い色がアクセントになっています。

IMG_7142 - コピー

IMG_7201 - コピー

とてもお洒落な色合いですが

他の牡丹に比べ成長が今一つ

ゆっくりめ。

植えた場所によってなのでしょうか。

それとも、背が低めな品種?

藤染衣よりも

さらに濃い色の花を咲かせる

島大臣というものも隣に

鎮座しているのですが

今年は蕾をつけませんでした・・・

来年に望みを繋げて

また一年、待ちますね・・

花が咲かない年は

栄養が足りなかったのかしら、

もっと気にかけて

お世話をすればよかったのだろうかと

咲かないなら咲かないなりに

ちゃんと私の気持ちをつかんでいる

牡丹。

存在感の大きさを感じます・・

IMG_7100 - コピー

吉野川を始めとし

わが家では牡丹が

次々とリレーのように

咲き誇ります。

今日のお花は、御国の旗。

何層にも重なった

大きな白い花弁の中に

梅干しのように赤いめしべ。

毎年おにぎりを思い浮かべるのですが

どういうわけか今年は、

肉まんのようでもあると・・・、

御国の旗と名付けられた

敬意を払いたくなるような

立派な名前に

申し訳ない・・・。

IMG_7115 - コピー

IMG_7103 - コピー

この御国の旗のめしべは

毎年面白い姿を披露してくれます。

これほど沢山の葯がるのですから

一匹でも昆虫が紛れ込んで

少し転がってくれるなら

間違いなく、完璧に、いとも簡単に

花粉が散らばり

受粉が行われるのではないかと

思えるのですが

牡丹は違うようです。

特にこの御国の旗に関していえば・・・

IMG_7106 - コピー

たった一本の葯が、

特に活躍するようなのです。

果たしてこの一本は多くの中から

あえて

めしべに選択されたものなのか

偶然なのかが少し気になります。

写真が捉えたのは

触手のようなものに捕獲されたような

姿の葯。

まるでたこやイカの触手のように

意識があるよう・・

けれど、このショッキングピンク色の物は

めしべを覆っている皮のようなものなんですよね。

意識があるとは思えません・・

けれど、御国の旗は、毎年

一本の葯だけを誘引して取り込みます。

生物は化学反応ですから

めしべの柱頭やおしべの葯から

何らかの化学物質が

分泌されてお互い反応して

誘引されているのかしら・・・?

他の牡丹でもたった1本が

選択されているのかどうかわかりません。

なぜなら毎年気づくのは

この御国の旗だけだから。

IMG_7128 - コピー

ピンクの吉野川、

綺麗に咲いてくれましたが、

来年も咲かせるため

すぐ花を切り取らなくてはね。

遠くからみても圧倒的な大きさで

美しい姿の牡丹。

一番美しい姿を、数日披露するために

一年があるよう。

IMG_7075 - コピー

牡丹の季節が到来。

一番に咲き始めたのは

ピンクの吉野川でした。

IMG_7090 - コピー

IMG_7092 - コピー

吉野川はとても大きな花を咲かせます。

丁度ティッシュを何枚も重ねて作った花のように

ふわっ、こんもり、塊という

ボリューム感満点、

圧巻です。

他の種類の牡丹はまだ、

開花は2,3日先かしら…

もう少しという感じね。

1カ月ほど前から今か今かと蕾の成長を

見守ってきました。

漸くその日・・・。

IMG_7087 - コピー


牡丹は、幹だけの姿で越冬します。

そこから蕾と葉が一緒に顔を出し、

共に成長していく。

桜のように始め花、

後から葉が芽を出す植物や

葉が成長してやがて蕾をつけるという

植物は多いのですが

牡丹のように

蕾と葉が一緒に芽を出すのは

珍しい・・・

越冬後の幹から

小さな赤い新芽の葉に守られているように

同じく赤く小さな蕾が顔を出す様子が

手で顔を覆っているときの

生まれたての赤ちゃんに似ていて、

毎年牡丹の新芽を見つけるたび

『 誕生 』という言葉が思い浮かびます。

始めゆっくりだけれど、

後に一気に急に成長する様子は

人でいう思春期のよう・・

開花間近の牡丹の蕾を

見守りながら

一年に一度の晴れ舞台を

楽しみに待つ。

どうか雨が降りませぬように。

大きな花だから。

風邪が強い日になりませぬように・・

太陽のエネルギーを沢山吸収してほしい。

IMG_7048.jpg
かりんの花。

今春からの挑戦として

5行日記を書き始めたと

以前お話ししたと思うのですが

かろうじて続いています。

かろうじて・といいますのは

大抵は駆け込むように

急いで書いて終えるという感じだからです。

そうでもしないと就寝時間が遅くなるから。

かろうじての継続ではありますが

毎晩就寝前の5分間の

日記タイムを終えると

私は『今日もできた・・』と達成感を

味わいながら眠ることができます。

日々絶えることのない家事や用事に

何かを完成したという達成感は

なかなか心地よいものです。

それを毎日味わえるのですから。

ところで、それとは違う予想外の効果が

他にもありました。

ここ何十年もの課題が解決するという

思わぬ副産物に驚いています。

過去何年も解決できなかった事などと書きますと

私のブログへよく訪問くださっている方々なら

あなたの”できないことリスト”には

いったいいくつの課題が

まだ残っているの?

言いたくなるのでは?

実は私は、手書きの文章が苦手です。

苦手にもかかわらず

手紙を書いたりするものですから

書き終わった後には、毎回

『もう少し何とかならないかしら~』と

思ってしまいます。

これまでは、たまに書く手紙でしたので

手紙の時だけ自分の下手さを思い出し

そして忘れてしまうということの繰り返でした。

ところが毎日書く5行日記。

毎晩、思うわけです、

もう少し美しい文字列にならないものかと。

それでじっくりと、自分が書い文章と

にらめっこしてみました。

私は文字一つ一つは特別

物凄く汚いわけではないのですが

文章にして並べ、

しかも行数が何行にも渡って続くと

見栄えが悪いのです。

文章全体を見渡すと見栄えが悪い。

子供の頃お習字も習わせてもらったので

一文字ずつは汚くない。

けれど並べて書くと

なぜか、ちぐはぐな感じ・・

文字が踊っているという表現が

残念ながら・・ぴったりと思えます(笑

5行を5分でペンを使って書くという

小さな挑戦が、この長年の”なぜ”

文字が踊ってしまうのかという難問を

真剣に考える機会になったのです。

速くさらさらと短時間で書いても

そこそこ文字がきれいで、

全体の見栄えが良くて

後から読み返したくなるような

見栄えの良い文字列を書くには

どうしたらいいの?

・・・

・・・・

・・・・・

ところができたんです。

やればできるんだと・・思わず、涙

今までの文字の実力のままで

効果の出せる方法ががあったなんて。

今まで気づかなかった。

実際に何をどう変えたかといいますと、

①少し文字を小さくする。
②文字と文字の間隔を十分とる。
③罫線と罫線の中央に
文字の中央を合わせる。

この3つを守って書いてみましたら

同じ時間5分で、同じ量の文字数

同じような文字の形なのに

全体の見栄えが全然違う。

別人が書いたように見えるようになりました。

不思議。

5行日記の効果は

意外なところへ発展しました。

継続は力なりといいますが

通常のこの言葉の意味とは

若干異なりますが

毎日5分の継続によって

長年の欠点を克服できたことが

とても不思議。

そして、何とも言えず

気持ちが晴れやかです。

たった5分がもたらした効果だから

本当に不思議・・・

不思議な体験。

何はともあれ、

私にもできた・・が嬉しい。


IMG_7040 - コピー
いい天気ですね~

今日の愛知は晴れです!

今年も咲いてくれた原種アネモネ 

フルゲンス。

直径2~3センチの小型のアネモネです。

苗のプレートには

ピンクや薄紫など、色々な花が

混ざって咲く品種のような写真でしたが

わが家の物は赤一色。

昨年は、咲いた数が少なかったので

いやいや来年は色々な色が咲くかもしれないと

今年の開花を期待していましたが

やはり赤でした!

赤い子が縁があったんだね~、うちには・・・

そんなことを考えながら

温かい日差しの下で

・・・草取り(笑

そうそう草が沢山生える時期でもあるのです、春は。

外出できなくても

やることは山積みです。

さあ、がんばろうかな(^^♪


IMG_6769 - コピー

椿の花が咲き終わった後
このような姿をよく見かける。

ところが、我が家の老木の椿
南蛮紅に関していうと
ほとんどこのような姿を見かけない。

今年は例年に比べ物凄く花が多く
そのおかげかいつもは見かけない
めしべだけが残った
所謂咲き終わった姿も
ちらほらと見かける。

めしべが残っている場合
咲き終わって地面に落下した花は
IMG_6770 - コピー
 ↑ このような姿になる。

IMG_6771 - コピー
↑ しかし、例年見かける落下花は
こんな姿だ。
毎年ほとんどがこれ。
だから、咲き終わった後に
めしべは枝に残らない。

南蛮紅は獅子咲きといって
花芯部分に大小さまざまの大きさ形状の
花弁が並ぶ。
これまでにも花の形状は時々ご紹介してきましたが
今回とても解り易い3タイプの花が
たまたま同じ日に咲いていたので
写真を載せました。

IMG_6789 - コピー

IMG_6782 - コピー

IMG_6876 - コピー

沢山咲いた年は
隠された劣勢の遺伝子が発現しやすいのでしょう
同じ木に同じ日に3種類の花が咲いていました。
それも1つずつではなく
それぞれがある程度の数で。

3種類の内、上の2種が典型的な南蛮紅。
いったい花芯の部分はどうなっているのか。
上の2つを解体してみました。

IMG_6806 - コピー

おしべがところどころ弁化している。

IMG_6862 - コピー

弁化した部分を集めてみると
小さめの真っ赤な花弁に交じって
斑入りの弁化したおしべは
完全に弁化されておらず
花びらの一部がおしべとなって
花粉を出しています。

IMG_6870 - コピー

園芸品種の八重咲のチューリップでも
以前これに似たのを見たことがあります。

IMG_6870 - コピー (2)

葯としての役割と花弁の一人二役を
になっているみたいで
一見効率がよさそうですが
見せかけの花粉で、
実際には受精などを成功させる力がないことも
あるということです。

獅子咲きの花は、弁化したおしべやめしべが多すぎて
受精を行う能力のない花が
多いのかもしれません。
IMG_6828 - コピー
上の写真は2番目の花を解体したもの。

赤い花びらに弁化したおしべが
重なり合うようになっている。

注目すべき点は、最もめしべに近い部分には
やや大きめの弁化した花びらも並んでいる点です。
これがフリルのように見える部分なんですね。

こういう構造で咲くと、
花の中央が盛り上がって見えるというわけのようだ。

めしべ自体をこの花は見てわかるのですが
花によってはめしべも弁化しているのか
めしべを探しても見当たらない場合もある。
そうなのだ、
獅子咲きであるが故に
南蛮紅はめしべもおしべも
不完全なものが多いのだと思われる。

このように所謂不完全な花ばかりだと
正常に受精に成功する確率は
下がってしまうのは当然。
ただ3番目のタイプのように、
弁化したものがない
おしべばかりの花も混ざって咲きますから
(南蛮紅らしくない花)
何パーセントかの確率で
このような花を咲かせることによって
弁化したおしべによって減ってしまった
おしべの数のバランスを
保っているのかもしれません。

IMG_6769 - コピー
今年はこの姿を南蛮紅でも
結構な数見かけますから
もしかしたら種を作るかもしれませんね。

色々考えたり観察したり
植物のお陰で
あっという間に、もうこんな時間・・・
なんていうこともあります。
それくらい春の植物は
心ときめく姿を見せてくれる。