FC2ブログ

IMG_8230-1.jpg
昨日のラズベリーグレンモイの根。

一昨年前に
観察した自宅のラズベリーの根の写真を
改めて見直すと
何とも理解しにくい点が多いので
ラズベリーに申し訳ないと思いつつ
(真夏に根を掘られるとは
植物にとって多大なストレスであると思うので)
同じ時期に今年も地面を掘って
根を観察してみました。

こうして見てみると根と茎(幹)の
成長の過程ごとの変化は
とても似ていると気づきました。

上の写真は
右上に行くほど根の末端です。

根の表面の亀裂は
先に行くほど少なく色も黄色さがありますが
茎の近く(左下)は、膨らんだ根の皮が咲けて
縦に筋模様ができ、皮の色も濃く茶色になっています。

更に古くなると焦げ茶になります。

柿やハイビスカスに見られた
幹の変化と似ています。

IMG_7385-2.jpg

昨年の茎の真下辺りの根の様子。
無数の細かい根が密集しています。
その中に太く成長しそうな根も交じっています。

IMG_8227 - コピー

一年後(昨日)の同じ部分。
茎の真下に細い根は昨年よりも減っていますが
代わりに・・・

IMG_8201-1.jpg

地中深くに伸びた長い根の先に
細かい根が沢山・・・

ところで下から2枚目の写真の
茎のすぐ下の団子のように
塊になっているものは何か?

上へ伸びる数本の茎と
ラーメンのようにくねくねとした、
さらに数本が入り組んだ状態の根が
そのままそれぞれ成長し
膨らんで根と根、
根と茎の隙間が埋まって
塊のように見えているようです。

ですから塊に見えますが
組み紐のように1本1本は
分かれています。

1時間ほど水に浸しながら
観察してすぐに地面に戻しました。

掘った時点で植物にとって大切な
根を何本も切ってしまったと思います。

ラズベリーを植えながら丁度
夕立が始まって
物凄い雨・・・

びしょ濡れになったけれど
ラズベリーにとっては幸運だった。

私にとっては
なかなか見られない
貴重な地面の中を
見せてくれてありがとうと
ラズベリーに伝えたい。





関連記事
スポンサーサイト



秋の気配。

ボタニカルアート 寝かせて待つ。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿