FC2ブログ

IMG_0599-1.jpg
週末は東京で英気を養ってきました。
行きたいところを泊りがけで
見てまわりました。

紅葉がとても綺麗で
中でも銀杏の黄色が
眩い美しさでした。

今回の旅行で始めに訪れたのは
日本最古の植物園である小石川植物園。
世界でも有数の歴史を持つ植物園の一つです。

今から300年前徳川幕府が当地に設けた
『小石川薬園』に源を発しています。

ニュートンがリンゴの落ちるのを見て
万有引力を発見したその木の一部が
1964年に英国の博士から贈られ
接木され今も小石川植物園に育っています。

他にも植物学の発展に深くかかわった植物が
植えられています。

すっかり冬になる前に行きたかったんです


IMG_0568 - コピー


IMG_0580 - コピー
この写真を見ると綺麗に刈り込まれていて
植物園に似つかわしくないと思われるかもしれませんが
ここは日本庭園と名付けられている場所で
園内でも一番奥の特別な一帯でした。

余りに見事な美しい眺めに
一瞬足を止めて見とれるほどでした。

この日本庭園は
徳川綱吉の幼少のときの居邸に残された庭園が
往時の姿をとどめているのだそうです。

IMG_0558コダチダリア
園内の植物の中にはとても巨大なものもあり
驚きました。
この日見どころだったのはコダチダリア。
初めて聞く植物でした.
背丈が3メートルほどあるキク科の植物で
花が大きめのコスモスのようでしたが
姿全体は藤の様でした。

この花はしおれているのではなく
咲き始めみたいですね。
もうしばらくすると
くしゃくしゃの状態から
もっと綺麗にしわがとれて
花びらも開花するようです。

写真の状態はお洗濯したハンカチを無造作に
ぶら下げて干してあるみたい。

その後アイロンをかけて
しわを伸ばしたら準備万端・・・
というイメージでしょうか。

また、一年で見上げるほどの成長を遂げるらしいです。
5メートルくらいになることもあるそう。

個性的ですよね。

IMG_0557-1
青空に映えるピンク色が綺麗でした。


IMG_0557-1.jpg

旅行の団体一行やご家族連れもきていて、
中には植物のことに詳しい方が
他の人に説明されている光景も見られましたが
ほとんどの人は植物を観察するというよりは
散策を楽しんでいるようでした。


温室が完成するのを来年まで待てず、
小石川を訪れてみました。


秋の小旅行はまだまだ続きます。
次回ご紹介します。







関連記事
スポンサーサイト



ラスコー展、シーボルト展(国立科学博物館)

絵のための運動 

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿