FC2ブログ

aふっくられもん
昨日は、ボタニカルアートレモンの
セミナーでした。

レモンでは柑橘系独特の
果実の皮に見られるつぶつぶでこぼこ感を
出しながら陰影をつける方法と
葉の表面に側脈がはっきりしないけれど
ふっくらとした盛り上がりが
それを表しているというタイプの葉の描き方を
学びました。

ふっくらを手際よく描く。

1日では説明しきれないほどの
内容盛りだくさんでした。

また、7月のピンクのリリーを
頑張って完成してきてくださった方が
沢山いらっしゃって感動・・でした。

5~7月は基礎編なのですが
今年で3年目を迎える継続して勉強を続ける方々のために
基礎技術ではあるけれど
これまで努力を続けてきた熟達の腕が
キラリ光るようなモチーフはないかと思って
デザインしたものでした。

ですから基礎編にしては高度な部分も
実は盛り込まれていたんですね。

例えば3次元を表現できる力。

遠近感を表現できるようになると
単に花の絵ではなく
咲いているという存在感も
表現できるようになります。

大きな大輪の百合ですから
花瓶にさして置いておくと
その空間を支配しているかのような
存在感を感じます。

IMG_3868-1.jpg

そのように技術プラス1の表現力も兼ね備えた作品を
試行錯誤しながら参加者の皆様は
本当によく頑張りました。

私はこれからも一生懸命な方々を
応援し続けます。

感動をありがとう!
関連記事
スポンサーサイト



行動心理

ボタニカルアート レモン

comment iconコメント ( 1 )

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-09-15 14:55

コメントの投稿