FC2ブログ

IMG_5513-1.jpg

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

ハイビスカスの種を採取しました。

私の人口受精は成功したようです。

正面から・・
毛が生えていると聞いていましたが
余りに毛むくじゃらで・・・
ツキノワグマのような色と毛並
IMG_5692-1.jpg

背後からの写真。
毛並が見えるほど、
びっしりと生えています。
百聞は一見にしかずです。
想像以上の毛の多さでした。
タネのサイズ:4~5X3mmに
沢山の短い毛。

固い毛かと思っていましたが
ふさふさした感じですね。

これが黄色のハイビスカスの種。
IMG_5684-1.jpg

花はこれ。
IMG_9639 - コピー

なぜ人工授精を試みたのか?
物語は1年前に溯ります。

昨年6月より、我が家のハイビスカスは
実によく頑張ってくれました。
11月の中旬までずっと咲いてくれたからです。

ハイビスカスは花が下から上へと順に咲く
無限花序。

ですから
茎の一番天辺で蕾が次々と作られます。

天辺に若い葉芽が出てくると
大抵、その葉の横には、
マッチ棒の先のような花芽も一緒姿を現します。
二つでセットのように。
そしてこの葉と蕾は一緒に大きくなります。
IMG_2950-1.jpg
葉の葉柄と蕾の花軸が
2本同じ所から出ているのが解りますね。

蕾が成長し、開花の時期を迎えるころになると
その上にはまた新しい蕾が沢山出来ていて
以前は茎の天辺に合ったはずの蕾は
茎の横から生える葉の葉柄と
その茎の間から花の蕾を
付けているように見えます。

そして花が咲き終わると
古い茎は用無しになると思いきや
一度花を咲かせて通り過ぎた茎に
また花芽をつけます。

最初の花が葉の葉柄の右側からだとすると
今度は葉柄の左側につぼみを付けます。
IMG_2919-1

ハイビスカスは生命力が強く、
咲き続けるのです。

ですから当然種もできるはずなのですが
受精が難しいらしく
子房が膨らんでも、
想像妊娠のように
中身は空っぽだったりします。
IMG_2469-1.jpg
そういう場合、2か月くらい経過した後
突然黄色くなって落下します。
IMG_0831 - コピー

昨年は、雨も多く、ハイビスカスの場合
雌しべの柱頭の下に雄しべが配列されているので
雨が降るとめしべの柱頭に花粉が触れることなく
流れてしまうんです。

IMG_2670 - コピー
また、外見は正常な花であっても
雄しべの葯が開かず
中から花粉が出てこないこともあるのです。

昨年11月に入ってから咲いた花は
葯が開きませんでした。
また、冬越しをハウスに入れず
吹きっさらし状態であった為か
今年一番の花は葯が開きませんでした。
2個目から正常で、その花が
今回の受精に成功したものでした。

昨年秋になかなか種が採取できないので
人工的にできないか試してみました。

2か月も待てない時期でしたので、
膨らんできた子房を切ってみてみたら
中で種が10倍近くの大きさに
なっていました。

受精しなかった場合1か月経過してもこのサイズ。
IMG_3370-1.jpg

受精するとわずか1週間でこのサイズ
IMG_3382-1.jpg

その経験から
ただ待っていてもタネにはならないという教訓と
タネができているか判らぬまま
膨らんだ子房を見ながら2か月も待っていた結果
突然落下して、
受精してなかったことを告げられた時の
がっかりに耐えられず、
人工授精に踏み切ったのでした。

関連記事
スポンサーサイト



シアージュペインティングとは(その2)誕生秘話

ハイビスカスの人工授精か?

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿