FC2ブログ

IMG_0600.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

一昨日の内容の中に出てきた
フォーフィニッシュという言葉、
聞きなれない方もいらっしゃると思います。

疑似模様のこと。

ホテルの円柱の太い柱や、
マホガニーのアンティークの家具など
腕のいい職人がフォーフィニッシュで
模様を付けると本物そっくりに
仕上ります。

ずっと本物だと思っていたら、実は・・

デコラティブペインティングは
素材の上に下地処理を何もせずに
ワンポイントとして、絵を描き加える
こともしますが、

ベニヤ板を貼って作った家具に
まるで、高価な素材のように見せるため、
木目や大理石のひび割れ模様を描くことも
あります。

きれいな木目の木に
花の絵が描かれているように見せたり、

いくつも組み合わせて、
カットされた大理石が向きを変えて
並べられているように見せたり。

つまり、疑似模様だけで作品を
仕上げることもあれば、
絵と組み合わせることもあるということです。

疑似模様によって無地の板が
費用をあまりかけなくても高価な素材に見え、
作品自体を、華やかに豪華版に
変身させます。

そういう意味でフォーフィニッシュは、
デコラティブペインティングを
楽しむ上で欠かせなものと言えます。

もともと、ヨーロッパなどでは、
専門的な分野として、長い間
職人たちの、門外不出の技術
として守り抜かれてきたものでした。

他の工房には教えたくない、
教えてはいけない
秘密・・・

今でもそういう部分は、
残っているかもしれません。

ただ現在は、その技法を紹介する書籍も
たくさん出版されているため、
絵を楽しむ私たちも学んで、
自分の作品に取り入れることが
できるようになりました。

しばらく、このフォーフィニッシュを
ご紹介していこうと思っています。

私も初心者の頃、方法を知りたくて、
機会があれば、国内外の専門家
(アメリカ、イタリア)から習いました。
教わったものを

自分で再現できるか・・そこが大切

布や紙や色んな道具を使って、
手や腕、顏・・絵具だらけで格闘・・しました(笑)

面白いです。発見いっぱい
こんなこと出来たの?(^-^)
の世界かな・・

そうそう昨日朝一番に
名古屋ボストン美術館に行きましたが、
図録が3日前に売り切れでした。

とても残念。

好きだと思える絵が多かったから。

展示室に置いてある
よれよれになったのでもいいから
売ってほしいとお願いしてみましたが
あれは、汚くて売り物ではないと
言われてしまいした。

どこかに1冊くらい余ってないのかしら…

遅く行った私が反省・・・ですね

伊勢神宮式年遷宮、
クライマックスとなる遷御が
10月2,5日に迫りました。

私にとっても思い出深い
伊勢神宮です。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今までに無かった全く新しい育毛剤WAKA

ハリ・ツヤ実感!馬プラセンタのエイジングリペア
関連記事
スポンサーサイト



売れ行きー2

名古屋ボストン美術館『アートに生きた女たち』今日まで

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿