FC2ブログ

2016アクリル画ボタニカルアート
IMG_3925-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日のセミナーで
皆さんが完成してきてくださった
黄色いバラやカーネーションの作品を拝見して思うことは
一体どれほどの時間をかけて
描いてくださったのだろうかということ。

とても長い時間をかけて
頑張ったのだと思いました。

少しづつ上達し続ける受講者の姿に
私自身、身の引き締まる思いです。

自宅の油絵教室では
楽しいと作品完成に
全力を注いでいますが

ボタニカルアートクラスでは
学び多きという点に
最も重きを置いています。

新しい技術と基本の定着は勿論のこと
花の描き方のみに留まらず
花に関する色々な特徴。

学ぶことは楽しい。


知らなかった植物の不思議、
発見があると面白い。


植物について調べていくと
まるで人の伝記を読むように
ストーリーが有ったりします。

元々はどのような植物が原種だったとか。

なぜそこで栽培され始めたのか・・・とか?

横から出てきた余分な花芽を取り除くと
どんな変化が生じるか…など。

他の種類とどこが違い、
その違いが花屋で販売される種類までにも
影響を及ぼすとか・・・

植物の描き方と特徴
プラスのストーリー

私が今まで知り得た知識が
受講者の方々にとって
役立ちますように・・・



今日もコーヒ―を頂きながら
部屋の花瓶に生けた花を見て思う。


植物の魅力に
もっと早くから気づきたかった~


子供の頃から知ってたら
今頃植物博士になれそうなくらい
植物の事を解っていただろうに。




関連記事
スポンサーサイト



レモン

らせん状に葉を付けるバラ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿