FC2ブログ

3月23日の牡丹
IMG_8522-1.jpg
先日3月15日のブログから1週間ほどの写真。

1週間で新芽の丈が2倍以上になりました。
固い幹から上の赤い芽の部分だけで
25センチくらい有ります。
1週間で15センチもの成長。

凄いですね~。

葉でつつまれて隠れていた蕾も
一番上に顔を出しています。

幹の天辺につぼみが位置していて
本当に大きな1輪の花を咲かせるために・・
春を待っていたという感じがします。

牡丹は冬になると幹のみになり
全ての葉が落下してしまいますが
芽を出したら
花の開花まで急成長で
成長し続けます。

芽を出してからの期間が
短く見えるという意味で
急成長と言いましたが

幹の中では春に向けて
着々と準備が行われていていたからこその業。

用意周到です。

植物画を描き始めるまでの私はといいますと

まだ冬だ、・・・
やっと春になった・・・

それでもまだ外が寒そうで
しばらくしてから庭の散策をし始めて
そこで初めて牡丹の変化に気がつき

牡丹のつぼみを見て
『いつの間につぼみまでつけて・・』
と思ったものです。

始めから新芽はつぼみ付だったんですね。
知りませんでした。

そういう植物が存在するということも
知りませんでした。

静かに冬を耐え、
静かに成長。

頑張り続ける牡丹の観察を

これからもお伝えしますね。

牡丹を見習って
用意周到・・・

心がけたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



牧野富太郎 記念庭園

買ってきた切り花のバラから新芽

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿