FC2ブログ

aakakiキャプチャ
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

2015年度『美しいボタニカルアート講座』の
10回目の題材は柿

10回目ですから・・・



ハイレベルです。



そして1回では解説できないくらい

盛りだくさんの内容です。



ですから

受講者の皆様とって


出来るだけわかり易いよう


資料つくりを


頑張ります。


まず枝について。


写真の枝は


若い枝、それより少し経過した枝、

それからさらに加齢した枝。


それぞれをそう思って
もう一度よく見ると



あ~こうなって

こう変化していくんだ~と


解ります。


唯、手順書の順に描くより

その植物の個性のひとつとして

枝にも関心を示してみると

描き方もよりわかり易いと思います。

柿の枝は本当に変化が

見てわかり易いですね~。


私は、秋に柿をたくさん食べておくと


冬に風邪を引かないという教えを


今も信じて

その通りしています。


けれど、柿の葉や

枝にまで愛着を持って

関心を寄せたのは

ボタニカルアートを描くようになってからです。

いろんな発見があり楽しい。



今日も読んでいただきまして有難うございました。













関連記事
スポンサーサイト



ボタニカルアート 柿 2回目

フォーフィニッシュ やり方 大理石調 

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿