FC2ブログ

IMG_0858-7.jpg

椿の開花したばかりの花芯の様子。

めしべはおしべの中にまだ隠れています。

揃っているというよりは
くっついている感じ。

瑞々しくて
今から始まりという何かを期待させるような
予感させるような・・・
固い感じ。

IMG_0876-1.jpg

上半分は葯にこのような花粉が。

右上にめしべが顔を出しているのわかりますか?

花糸の部分はくっついていたのが
一本づつ離れてばらばらに。
でも花糸がまだ太く頑丈そう。
色もクリーム色で

パスタのような

中華めんのような






IMG_0909-1.jpg

もう終わりがけかな?
葯も花糸も細ってる感じ。

痩せた

もやしみたい・・



花びらにも花粉がたくさん落ちていて

めしべは左上にぴ~ンと伸びています。

椿や山茶花はつぼみの期間が
我慢強さを感じさせるほど長いのですが

花が開花すると、
咲いた瞬間から
みるみる変化し始めます。

夏の間頻繁に観察したハイビスカスは、
朝5時くらいに全開になって
1時間ほどすると

もう

ウインナーのような形の葯の上部が
ホットドックのパンの切れ目のように
開いてきて

数の子のような、

でも

粒の大きさは
数の子の10分の1くらいの大きさの
細かい花粉の粒が

中から

泡が噴き出すかのように

こぼれそうに

出てきます。

花びらだけを見ているとなかなか
その僅かな変化には気が付きませんが
花芯を見るとわかり易いですね。



関連記事
スポンサーサイト



万両 赤い実

ボタニカルアート 大輪の西洋ツバキ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿