FC2ブログ

aatsubakiキャプチャ
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

来週は、ボタニカルアート
『色々な椿』の前編
まずこの花を描いていきます。

ボタニカルアートは
いつの時期に描いたかが大切。

この花を観ていただくと一番手前の花びらに
少し折れ(開花したばかりの印)が残っています。
そしておしべの花糸(おしべの細長いえのこと)が
寄り添うようにくっついていて
葯(おしべの黄色い頭の部分)も同じくくっついていて
おしべ全体が一つの塊のようになっています。

この開花したばかりの椿の姿が
一番瑞々しく
花糸の色も
花びらの冴え冴えとした
くもりのなり白さも
生まれたばかりというだけで
眩い光を放っているような
何とも言えぬ心に響く美しさなんです。

開花してしばらくすると
他の花と同様、花糸は葯と一緒に離れ、
先のふっくりとした膨らみがどことなくなくなります。
そして葯は濃い黄色の花粉で
覆われます。

そして一番外側の花弁は
しわもなくなり
よくコサージュなどに有るように
丸みをおびた形になります。
花芯近くの最後に開いた花弁には
若干しわが残っていることもあります。

このように一輪の花であっても
つぼみ、開花、満開、と変化し続けますから
観察していると
面白いですね。

椿のことばかり気にしていたら
ご近所の椿が至る所で目に入ってきました。
今はやぶ椿をよく見かけます。

先日この花の咲いていたところへ行ってみました。
そしたら1輪咲いていたんです。

今年は暖冬なので
早くから咲き始めたようです。

この花は昨年、4月までずっと咲いていて
咲き始めるのはもう少し後だと思っていました。

そこは何度も、何十回も通ったことのある場所で
木も人の背丈ほどあり花も大きめで沢山咲くのに
なぜ今まで気が付かなかったのかと
不思議なくらいでした。

ボタニカルアートを描くようになって
私の中の花に気が付くアンテナが
冴えているみたいです。(笑

そこのお宅にお願いして枝を数本いただいてきて描きました。
セミナーの時期にちょうど咲いていたなんて
とても嬉しいです。

セミナーの資料を今作っています。

受講者の皆様にとって
学び多きセミナーとなりますように。
そして楽しい一日となりますように。

今日も読んでいただきましてありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト



庭のクリスマスローズ

ペイントフレンド25号発売2016年1月8日

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿