FC2ブログ

IMG_1812 - コピー

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

白磁に描くコバルトブルーの花々・・・

ブルーの色にも
コバルト、セルリアン、プルシアンブルーと
いろいろありますが
白磁にコバルトはよく映えます。

自分でデザインして、描いて、
焼成窯で焼成します。

この焼成することが、普段とは違う
新鮮さです。

焼成窯に入れるときには
緊張感も伴い、気持ちが引き締まります。

磁器なのでそっと倒れないように立てたり
窯のふたが上にあるので
入れるときも出すときも慎重に行います。

700~800度ですから
上手く発色してくれるかしら・・
割れたりしないかと・・・

そしてゆっくり温度を上げ、
ゆっくり下げる・・

温度の上がり下がりは夏と冬で
かなり違ってきます。

焼きあがったというサインで
窯のふたを開けた時・・

これは、開けた瞬間に立ち会わないと
わかりません・・

開けた瞬間、窯の中から上がってくる
熱気が、いよいよということを
さらに強く実感させます。

早く見たいけれど、
手に取って見るまで、
でき栄えがわからない・・・
という何とも複雑な気持ちで、

ようやく作品とご対面。

思いどうりの仕上がりだったとき・・
感動・・・

とにかく嬉しい・・・。

時として、焼いてみたらある色だけが
濃く発色しすぎてて・・・
思いと違った…ということもあります。

絵付け絵の具は普段のアクリルや
油絵具と違い、焼成すると
色が変わります。

また、窯の中の湿気などにも注意が・・
しばらく使っていない時は、
空焚きしたりもします

そういう微妙な事が色の発色に
影響するから・・・

ハラハラ、ドキドキの白磁との
物語・・でも上手く焼きあがった時に
感じる喜びは、なぜか忘れられなくて、
また描いて焼いてみたくなります

食器に、水差しに、お人形にと、
いろいろな形の磁器に
好きな絵を描く・・・

花、景色、・・・
今日もこれから始めます
うまくいきますように・・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



朝日

絵と光 (9回目)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿