FC2ブログ

IMG_3749 - コピー

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

植物を描くなら、まず葉の達人になろう!
(私自身もまだ成長過程ですが(笑・・)

葉は見る角度によって様々な形に
姿を変えますから
どのような形であっても
ちゃんと立体が成立するよう
明暗が付けられるといいですね。

葉の面白いところはまだあります。
一枚ならどのような形であっても
なんとなく描けても
何枚も重なったりしていると
彩度、明度、温度の調節が必要になってきます。

葉は、学びの上でとても良い課題になります。

違う種類の葉が重なり合うのであれば
表現し易いですね。けれど
同じ葉が何枚もあるときは
知識と技術力が発揮される作品になります。
葉の存在自体が
絵の中の遠近感を作り出し深みのある
世界を作り出します。

例えば
奥の葉と手前の葉の間に花や実があるとき
奥の葉,花、手前の葉が
ただ並んでいるのではなく
確かに花より奥に
確かに花より手前に見えなくては
見る人に違和感を抱かせてしまいますから。

花が間になく葉だけの場合は
もっと難易度が上がります。
お決まりのように
寒色暖色に葉の色を変えるだけでなく
自然さを最も大切にしたいと思います。

外に咲く自然な姿。
それを表現できたら
素晴らしいと思います。


今日も読んでいただきまして有難うございました
関連記事
スポンサーサイト



慈眼寺 牡丹まつり(愛知県知立市)

牡丹 藤染衣が咲きました ♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿