FC2ブログ

秋の体験教室申込み締切9月10日です。
白磁、金属、プラスティック、布、紙、木、に
アクリル、油絵の具、絵付け用絵具の体験ができます。

IMG_6160.jpg


絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

絵と光4回目『注目効果』です。

見た人が、絵の中にある一部分に
注目するように

その部分のみに明るく光が
あたっているように表現すること。

ここを見てね~という雰囲気がうかがえる絵です。

ある人が座っている部分だけが明るい・・

テーブルに置いたろうそくが
人々の顔を照らしている・・

良く見かけますが・・・

そういう絵は、その部分だけ明かりが
灯してあったりするので、
幻想的で謎めいていたりします。

ある部分を明るく強調させる
効果を出すためには、

周囲を暗くする必要があるので
大抵は、その絵全体の雰囲気は
薄暗いか、暗いです。

ありのままの自然な感じというより、
物語の1シーンを描いたような
絵の雰囲気になります。

では、明るい雰囲気の絵で見る人に
ある部分にだけ注目してもらう方法は・・・

明るめの絵(ハイキー)で、
フォーカルエリア(大切にしたい部分)
を強調させる方法も
またお話しする機会があると思います・・・

絵を効果的に表現する方法は
いくつもあります。

大抵は、それらがうまくコンビネーションされていて
より効果的に、見ごたえあるように
描かれているのです。

絵って本当に楽しい・・・

見るのも 描くのも・・・


今日も読んでいただきまして有難うございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



絵と光 (5回目)

2020年オリンピック開催決定

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿