FC2ブログ

アクリル画
hpギャーマンキャプチャ
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

 ひらひらした花びら。

ジャーマンアイリスの上部の花びらです。
中央の飛び出しているような形のものはめしべ。

ひらひらの質感・・・・

そして、白っぽい色、
つまり明度の差がほとんどない領域での
遠近感の表現。

ショウブもあやめもカキツバタも
ジャーマンアイリスも
実は全部アヤメ科なんです。

アヤメ科の特徴の一つには
四方に開いた花びらと茎の間に距離があること。
写真などを取りますと
花びらのすぐ下から見えている茎ですが
花びらより少し向こうに存在させるように
表現しなくては・・・

影を付ければ簡単にできることなのですが
ボタニカルアートに場合、
余り強烈な影は付けないことが多く、
実際アヤメ科の植物は
下部の花びらは
先の方は広がりを持ちますが
茎から出ている花びらの根元近くは
意外と細く
各々の花びらの間隔が空いているため
影にならないことも多いのです。
IMG_4251 - コピー

IMG_4229-2-1

遠近感の表現には力量が問われます。

描きながら多くの発見がありました。

学び多きモチーフです。

今日も読んでいただきまして有難うございました。







関連記事
スポンサーサイト



入学式の思い出

ロイヤルアカデミー展(愛知県美術館)行ってきました。

comment iconコメント ( 1 )

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-04-05 11:41

コメントの投稿