FC2ブログ


IMG_0483.jpg

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

絵と光3回目のタイトルは
『順位を付ける』です。

2回目ではバックグラウンドに
明暗を付けて奥行きを出す方法を
ご紹介しました。

ここでは絵の中のモチーフ1つずつの
明るさに変化を付けることにより
手前、真ん中、奥という前後感を
表せるということを
お話ししたいと思います。

写真は、教室の教材として作ったもので
左上が少し明るくしてありますが
今は、バックグラウンドの色の変化は
気にせず実と葉のみ見てくださいね。
(写真がうまく撮れていなくてなくて
ごめんなさい、これでも何枚も撮ったのですが・・・)

この絵は一番上の実が一番手前に
見えるように描いてありますが
一番上や、一番手前に書いてあるものを
一番明るく描くとは限りません。

光のあて方や、
自分が絵の中の1つ1つの物を
どのように見せたいかで
その順位は、変えられます・・・

絵は、現実の世界とは違い
描く人が好きなように
変えて表現することを
許されている世界なのです。

一番奥にあるものを
一番目立たせることも

一番小さなものに
スポットライトを当てて
表現することもできるのです。

同じデザインでも、
描く人により違って見えたり
違う色、違う部分を強調させることも
可能な・・
そういう自由な世界・・・

描いて、見て・・
楽しい、嬉しいと感じる・・世界

今日も最後まで読んでいただきまして有難うございました。

関連記事
スポンサーサイト



今朝の空

名古屋アルフォンス ミュシャ展

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿