FC2ブログ


hidemikatsukura-H - コピー - コピー - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今日は、朝から雨と風の大変な日です。

絵と光2回目『2次元から3次元へ』
難しい言葉を使ってみました。???

一枚の画用紙を好きな色一色で
塗ってみましょう。
折り紙のような感じです。
何色でもいいです。

そこに明暗を付けるだけで2次元の世界が
3次元に変わります。

例えば、左手前を明るくして
右上に向かってだんだん暗くして言ったら…
絵画などでよく見かける
バックグラウンドの明暗の変化です。
左光源の場合。

手前には最初に塗った色に
少し白を混ぜて白の量を
少しずつ減らしていけば
自然にだんだん暗く見えます。

そうするだけで絵は、
縦と横の世界から
奥行きという新しい方向へも
広がっていく可能性を得ます。
なぜなら、人の目は、
明るさの変化に敏感で
その変化を追うからです。

私は、そんな静物画のような絵は
描かないわという場合、

2次元の平面での絵を描きたいわ
という方も気が付かないうちに
この原理を使っています。

真ん中に景色を描いて
その周りを少し暗めにして
景色の部分に人の目が向くように
したりしますよね。

明暗以外にもある部分に注目してもらう方法は
ありますがここでは、光による効果についての
お話と思ってくださいね。

写真の絵は以前にもご紹介しましたが
左光源の例になるので載せました。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



名古屋アルフォンス ミュシャ展

絵と光 (1回目)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿