FC2ブログ


127 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

私がセミナーを行ったとき受講者の方から
時々いただく質問の中に
『どうしたら質感が出せるか?』という
ことがあります。

どうしたらそんなふうに
ふわふわ感がだせるんですか?
とか、透明な感じになるんですか?
と言うようにです。

そんな時私はその物を
『良くみて下さいね』
しずくは涙の形はしていませんよ・・
などと答えてきました。

よく見る以外に、『触ってみる』
ことも質感を感じ取れる方法ですが。

今日花の絵を描いていて
また、ミケランジェロが私に
ささやいたんです。

人のボディーを描くときになぜその部分が
膨らんで見えるのか?
皮膚の下の内臓や筋肉があることを
忘れてはならないと・・・。

写真の花は、つぼみほど固くはないけれど、
開花の1歩手前で、手で押さえたら
すぐ下にはわずかな空間があって
その下に固いつぼみのような
カップがあるのではないかと思いました。

外側の1、2枚だけが、膨らんいるような感じ・・?

一番外の花びらの内側にあるわずかな空間が
花びらが少しへこんだようなえくぼのような
しわを作っている。

今まで花びら自身の質感だけにとらわれてきたけれど、
花びらの下の空間のことを考えたら、
もっと自然な花らしさを表現できるような気がしました。

ただ『よく見る』のではなく・・・どう見るか?
そのためには、
触れてみる、感じてみる・・想像してみる・・・

今日も最後まで読んでいただきまして有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト



赤と緑

作品を描き始める・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿