FC2ブログ

5月の庭のバラ
228 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今、新しい作品に取りかかっています。
色々構図をイメージしてデザインを紙に
描き始めると、どうしても想像では描けない部分が
出てきたりします。

例えば、バラの花のつぼみのついている茎と、
葉のついている部分の関係・・
図鑑などで、いろいろ調べてみたりしても
ちょうど良い写真がないことが多いです。

私は自分の撮った写真などから
デザインを起こすことが多いので、庭に出れば・・
真冬でなければたいていバラなら見れますが。
昨日もそうでした。
春に撮った写真と比べて、
葉がとても濃く夏らしい色をしていました。

知っているつもりでも知らないことが意外と多い花。
一度は分解して見ることが大切と先生から
以前教わりました。
造花は造花のように仕上ってしまうものだと。

同じバラなのに同じ場所に咲いているのに
昨年とは、全然違う花を咲かせることがあります。
花びらの透明感、色、ボリューム。

キレイに咲いてくれた年は、
昨年は、何を肥料にしたか?思い出してみます。
大切にするときれいに咲いてくれます・・
『嬉しい』と、言葉ではなく
その姿で、表現して伝えてくれる・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト



質感 (ミケランジェロ展から)

私と絵(一番古い記憶)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿