FC2ブログ

どこからか そよ風・・
IMG_4339-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

あなたは、絵を鑑賞するのが好きですか?

本格的な古典的な絵画を美術館で、
友人の作品展で、
郵便局の壁に飾られた絵手紙の作品など・・

観賞と言っても色々とありますが
私は、絵が飾ってあると
なんとなく近づいて見ます。

昨日ある記事を見つけました。
美術館がリニューアルするために
作品の飾られる壁面にこだわった・・
という内容。

私が生徒の皆さんに
お伝えしていることの一つに
フレームも含めて1つの作品
ということがあります。

つまり
絵が描かれている部分だけが作品ではなく
フレーム部分や箱なら箱の側面も
絵と調和していることが
見た人に心地よさを感じていただけ
結局のところ
絵自体も一番美しく見えるということ。

ところがこの美術館の館長さんは
作品を引き立てるために
絵を飾る壁面にまでに
こだわりを。

その美術館の主な展示品は、
絵にあまり興味のない方でも知っているような
海外の有名な画家の絵だということですが
館内の展示室の壁を
漆喰塗装にしたそうです。

『美術品の背景になるので
テクスチャーを付けないように。
壁は作品を引き立てるためできるだけ
凹凸をなくし目立たなくしたかった』

流石です。
素晴らしい感性,
けれどそれだけではないですね。
彼の心の中の

観る人に
作品を
一番素敵な姿で、
観てもらいたい

そんな想いが感じられます。
一つ一つの作品を大切に思う気持ち・・
感服です。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト



絵の存在感

『美しいボタニカルアート』講座への質問から③

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿