FC2ブログ

①写真 :単調な模様の繰り返しに見える例
IMG_4771.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日の続き。
◆(ワンポイントアドバイス3)
海綿を使って模様を作るとき、
上記の写真のように
同じ模様の繰り返しになっていないか?
チェックするといいかと思います。

海綿は自然の産物なので、
使う部位によって違う模様が出せるという
面白さがある反面
ある部分の模様だけが
繰り返しハンコを押したように
現れてしまうこともあるからです。

使う部位によって違う模様が出せるというのは
手首を軸にして絶えず握る角度を変えながら
また握る力の強さを加減しながら
指を動かすことをしながら
スポンジングながらするからできるのです。

ですから唯持って同じようにポンポンと
スポンジングを繰り返したのでは
上記の写真のような単調になり、
海綿の良さが発揮されません。

勿論そのような模様にしたい場合は
この限りではありません。

②写真:単調でない例
IMG_4772.jpg
この写真は先ほどの①のすぐ後に行ったもの。
海綿を握る手の力や角度を変えながら
スポンジングしたもの。

海綿の特性を知りそれを活かした
使用方法を学ばれるといいですね。

IMG_4477-1.jpg
1週間ほど前にご近所のスイートピーが
とても綺麗に咲いていて、そしたら
『庭の中まで入ってきて
良さそうなのを持って帰って』と、仰ってくださって
いただいてしまいました。

綺麗ですね。

自然が作り出す色彩はとても美しい。
私たちが住むこの世界は
本当に美しいと思います。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

関連記事
スポンサーサイト



美しい大輪のカラー

グラデーション(アクリル絵具) 海綿使用例(7回目)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿