FC2ブログ


北海道富良野
0601015 089 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

描き始める前に考えることシリーズ-6回目のテーマは、
『光源を決めるです。』

光源とは、光のことです。

日光の場合もあれば、
描きたいものをセッティングして
ライトアップして光源を意図的に作って
光を当てる場合もあります。

静物画だけでなくどんな絵を描く場合にも
物を立体的にとらえるには
光源を決めてやる必要があります。

光源が決まると、影ができます。
影が、くせものなんです。
影が、作品の中できれいで効果的に
出れば良いのですが、
すぐ後ろの物に影がかぶって、
そのものに影の模様ができて、
描きにくくする場合もあるからです。

光源はまた、高さも大切なポイントです。
高い位置から光を当てると、短い影ができます。
低い位置から、光をあてると長~い影ができます。
そうです、夕焼けの時の長~い影と同じです。

光源を、決めることは、
唯、好きな方向から光を当てるという単純なことではなく、
影と一体化して考えることをお勧めします。

今日も読んでいただき有難うございました。

関連記事
スポンサーサイト



ミケランジェロに感謝!

ミケランジェロ展から

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿