FC2ブログ

IMG_2385.jpg

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

久しぶりにストロークを描きました。
まだ描いている途中ですが

ストロークを描いていると
とても気持ちが”ハイ”になります。

こういう場合に
テンションが上がる・・
などと言う表現もあるのかどうか
わかりませんが

部屋の窓を開けて
飛び出したくなるような
心の高揚感・・
IMG_2387.jpg

生き生きとしたストローク・・

のびのびとしたストロークを

描いている時・・

描きながら・・

だんだんと、
楽しくなってきます。

そういう作品は、描き終わってから
飾っておいても見ていて楽しい。

筆は、セーブルの丸筆。
3~4号を使うことがほとんどです。

上手く描くポイントは筆圧のかけ方。

そして手と言うよりも腕全体、

上腕から指先まで
全てを使って描くため

背筋や腕、手の筋肉が必要。

けれど、練習していますと、自然と
ストロークを描くために必要な筋肉が

手に発達してきます。

時には、呼吸やまばたきを
忘れるくらい・・

筆の動きに集中することも。

随分前になりますが初めて
オーストラリア人の先生から
教わった時、筆を握る3本の指が
重要と言われました。

先生はPush、Liftを
繰り返し仰られていました。

正に筆圧です。

丁度並行して
家具などの絵付け
オランダの絵を丸筆で学びました

ストロークの絵も
機会があれば試してみてくださいね。

楽しいですよ!(^-^)v

今日も読んでいただきましてありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



白磁の食器に描いて使う

影絵作家、藤城清治氏の魅力

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿