FC2ブログ

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今日は、以前ご紹介しました『ウエットパレット』の作り方を
知りたいとお問い合わせが
ありましたのでお話しします。

アクリル絵の具が乾かないようにするためには、
色んな方法がありますが、
私は、その方法をいくつも組み合わせて
アクリル絵具の乾燥、乾くのを防いでいます。

●準備するもの
IMG_1444.jpg

□ トレーシングペーパー(A4またはA3サイズ)
□ リードの油用キッチンペーパー
  (クッション性のある紙布でも良い)
□ カップにいれた水
□ プラスティックの板
 (23×25×0.2センチくらい)

●作り方手順
①トレーシングペーパーをプラスチック板より
  ひとまわり小さくカットする

②①のトレーシングペパーより左右上下が
 2センチほど小さい大きさに
 リードペーパーを2枚重ねて切る。

 私は大抵A4のトレーシングペーパーを
 半分に切りそれがすっぽり入る
 ひとまわり小さめに 
 キッチンペーパーを切ります。
 簡単だから。(^-^)V

③トレーシングペーパーをプラスチック板の上に
 のせてその上にリードペーパーを2枚重ねてのせる。

④リードペーパーの上にカップの水を注ぐ。
IMG_1445.jpg

⑤トレーシングペーパーの四辺を
 キッチンペーパーとの境の部分で
 中心に向かって折る。
IMG_1446.jpg

⑥プラスチック板の上で今作ったものを
 ひっくり返す。
IMG_1447.jpg

パレットの表面(絵具をのせる面)が
濡れてしまうことがあるので
表面の水分を優しくふき取る
IMG_1448.jpg

 出来上がり。

(注)*キッチンペーパーの中に
    空気が入ってしまったら
    トレーシングペーパーの乾きが速く、
    充分に役割を果たしませんので
    4角のどれか1つを少し破って
    余分な水と一緒に空気を抜く
IMG_1449.jpg
絵を描いているときに席を立つとき、
(家事などで、1時間くらいなら)
パレットの上に缶のふたなどを
のせておけば大丈夫。

やはり、アクリルで絵を描くときは
なるべくエアコンなど風の出るものは、
避けたいのですが、私の部屋は、
机のすぐ上にエアコンがあります。

とても暑い、寒いそんな時は、
部屋が涼しくなったら、温まったら、
一度スイッチを切ったり
風向を変えたりして工夫しています。

もし作り方でご不明な点がありましたら
コメント欄からご質問ください。

絵具が乾かないと絵が描き易いです。
あなたの上達を応援しています。
今日も読んでいただきまして有難うございました。

関連記事
スポンサーサイト



ホットケーキの絵

山茶花、お手入れラク。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿