FC2ブログ

IMG_1231.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今日は、ナイロン製ライナー筆の
汚れをしっかり取る方法。

『気づいたらライナー筆が固まっていた・・・』
ということが日常茶飯事です。
洗って寝たはずが、一本だけ
ペーパーの下で忘れられていた・・なんて。

でも、私はその筆を生き返らせて
本当に筆先が摩擦で曲がって
使えなくなるまで、
しっかり活躍させます。

どうやって?

固まってしまった場合、
(ステップ1)
 無理して筆の毛を広げたりせずに
 ますリムーバーや 画材店で販売されている
 洗浄力の強い洗剤に付けます。
 (この洗剤は、ナイロン製には、良いが、
  セーブルの筆は、一度で使えなくなるので注意)

 容器の中の液に直に漬け込む感じ・・。

 ーー*注意!*--
 筆は、先が命。
 特に10/0号のライナーならなおさら。

 ライナーの場合は、そのまま液に漬け込むと
 筆の重さで先が曲がってしまうので、
 写真のように先が直にそこにつかないようにします。
 ライナーなら約1日くらい漬け込みます。

 (ステップ2)
  液から取り出し、まずで優しく汚れを取ります。
  ビンの中の水ですすぐ。

IMG_1232.jpg
 (ステップ3)
  大体汚れが落ちているけど
  わずかに筆に色が残っているとき。

  また、金属の近い部分に
  絵具が残っている感じのとき。

  まず、もう一度洗浄液を筆に付けます。
  写真のようにパレットに垂直に立てて
  左右にぐるぐると筆を回す。 

  扇のように。

  (注意!!)
  写真をよく見ていただくとわかりますが、
  パレットに筆を押し付けたりせず、
  鳥の足のように少しかかとを浮かせています。

  力をかけず、筆のみ広げる感じ。

  これを数回繰り返しますと、
  一晩くらいの放置なら
  きれいに新品のようになります。

役に立ちましたでしょうか?
私自身が経験と失敗の繰り返しから
発見気づいた方法を御紹介致しました。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト



美しいビオラ

クリスマスを優しく、心温まる作品。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿