FC2ブログ

IMG_1230.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

しつこい汚れを落とすのですから
洗浄力の強い洗剤を選びたいのですが、
いろいろ試してみてわかってきました。

洗浄力が強くても
筆にダメージを与える物は、
使用したくありません。

筆は、高価な物もありますから。

また、独特のにおいがする物、
匂いをレモンのような
別の匂いでごまかしているものは、
匂いに敏感な私には向きませんでした。

(私は、化粧品も臭いのあるものは
肌荒れしてしまうほど敏感です)

そこで、普段に一日の最後に
しっかり汚れを落とすのに
使っているのは、
アシーナ社の写真の筆クリン。

なぜいいかと言いますと、
無臭、飛行機にOKが出た安全性と、洗浄力
そして、とても安価です。
必要な分だけペーパーの上に出せる使い易さ。
色々な面で普段には、とても扱いやすい。

最も求める洗浄力の高さに対し
筆へのダメージが感じられないことが、
私の選んだ最大のポイントでした。

洗浄力があるものは、
成分が強くセーブルの筆には
向かないものが多いのですが
筆クリンは、ナイロン、セーブル両方にOK.
特にセーブルのしっとり感を失いません。
しかも無臭。

多少固まりかけていても塊でなければ
前の日の絵具も落ちます。

写真のように寝かせて、ペーパーの上で
筆の金属の中に入りこんだ汚れを
浮き上がらせます。
その後が、大切。
よく水ですすぎます。
よくすすぐは、どの洗浄液も同じ。
よくすすぐことが最後の仕上げです。

明日は、ナイロン製ライナー筆の
固まった時の方法。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト



クリスマスを優しく、心温まる作品。

アクリル絵の具筆の洗い方(アクリルで上手く描くヒント7回目)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿