FC2ブログ

IMG_1229.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

アクリル絵の具で上手くの7回目は、
今回の連載にお寄せいただいた
ご質問にお答えします。

アクリル絵の具について
6回にわたって連載してきました

為になったとのコメントを
下さった方有難うございました。

読んで下さった方からの生のお声を
頂戴しますと私も嬉しいです。

ご質問は、筆の洗い方が
解らないということでした。

そういえば筆の状態を
常に良くするために、
余分な水分のふき取り方は、
お話しましたが
洗い方は、してませんでした。

写真ですが、洗うときのポイント。

①筆の先を、(ナイロン製、セーブルどちらも)
 ビンの底に押し付けない。

②上下に底に向かって動かすのではなく
 水の中で左右に振る。

③かなりの回数よく振ります。

④洗ったらなるべく立てておく。

⑤洗い方ではありませんが
使った筆を洗わずに放置しない。
 
私が使っているのは、口の部分がビンの
胴体の部分より少し狭まっているもの。

これが使い易いです。

なぜか?と言いますと。
横ふり洗いに最適だから(^-^)V。

筆を洗うときの基本は、
できるだけ筆に負荷をかけないことです。

描くときには、負荷がかかりますから、
それ以外は、できるだけに筆の毛に
ダメージを与えないように・・という考えのもと。

ビンの使い方。
ビンの口に筆のえを当てて
多少コツコツと音がするかもしれませんが、
筆を振ると、筆の毛の部分が
ビンにあたらず、しかも良く振れるんです。

ビンの口にえを当てなくても振り洗いは
できますが、不安定なのか?振リ方も充分でなく
また、回数が少なめになってしまいます。

ご自分の洗い方と違っていましたら、
参考になさってくださいませ。

明日は、しつこい汚れが
付いて仕舞ったら?どうしたらいいか?
お話しします。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
ランキングに参加しています。
一日1回下の写真をクリックしていただけますとたいへん励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



アクリル絵の具、筆の汚れ しっかり取り方・・アクリル絵の具で上手く描くヒント8回目

庭の手入れ・・今年最後

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿