FC2ブログ

IMG_7982 - コピー
わが家の山茶花は、

12月頃から3月中旬までという

長きに渡って花を沢山咲かせてくれるのですが

花が咲き終わった後は春の到来とともに

他の色々な花が開花し始めるので

山茶花は忘れ去られてしまったかのように

近くで眺めることもなくなってしまいます。

けれど、先日近づいて見てみると

庭の山茶花の枝からは、

腋芽が一斉に成長し

まるで赤ちゃんのような

柔らかい小さな葉と茎を伸ばしていました。

IMG_7992 - コピー

枝から出る腋芽は

いつの間にか古い葉の葉柄よりも太くなり、

鱗片葉もまだ残っった状態で

すくすくと育っています。

山茶花の新芽がこのような夏に育つとは・・・

春まで花を咲かせた後、

しばらく休んで、すぐにまた

次年度のために新たに成長を始める。

小さな葉にはやや太すぎるくらいの茎ですが

すぐに葉は大きく成長しますから

その時重さに耐えうるよう

しっかりとした茎なのでしょう。

この新しい茎に、蕾ができます。

もうすでに、始まっているんですね。

次回の花の準備が。

逞しい・植物。

穏やかに、けれど早いうちから

少しずつ準備を始める植物の姿には

学ぶべき点が多いです。

関連記事
スポンサーサイト



ウエットパレット 蒸し暑い時期の注意点

サラセニア

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿