FC2ブログ

ttr.png

シアージュボタニカルアート教室の

デザインクラス。

色々な黄色

色々なオレンジ・・

色に関しても深堀していきます。

どのように深堀していくかといいますと

理論に裏付けされた確かな知識に

先ずは触れることからスタート。

長年の経験からとか、

なんとなく色々混ぜたらいい色ができた・・

などという感覚的な部分も

絵を描く上では必要ですが

なぜそのような色を作れたのかという

理論も理解できていたら・・・

鬼に金棒ですよね!

自由自在に色を操れたら

やっぱりステキ。

シアージュボタニカルアート教室では

色彩学を根拠にした理論という角度から

色について学びながら

実際にやってみるという実践も絡めていきます。

そしてその学びが作品に反映できるところまで

コツコツと積み重ねる。

私の学びの基本理念は

習うより慣れる。

ですから、色彩学の香りに

ほんのり触れただけであっても

やってみる。

少し理解できただけでも

やってみるということが

最も重要なポイント。

3分の1の理解でも

今の実力で精一杯やってみる。

それが一歩一歩、確実にレベルアップを

実現します。

色に関してだけでなく、デザイン性も重視。

色についてとデザインについては

別々ではなく両方を組み合わせてできる

色々なメリットがあるんですよ。

そんな感じで植物画を描く上での

大切な基本を順序だてて

習得していただけます。

また、植物の生態などにも触れ

植物自身についても併せて

吸収していただけます。

道路を歩いていて見つけたかわいい花、

これまでなら綺麗!と思うだけで

通り過ぎていたのに

近くまで行って観察してみた、などという方も

増えています。

植物という身近なものがモチーフだから

学んだことが日常でも役立ち

ゆったりとした癒しのひと時の

きっかけとなります。

皆様が描いてみたいと思った植物に出合った時

スケッチブックを持ってきて

躊躇せず描き始められる

皆様のそのような姿を想像しながら

一生懸命ご指導にさせていただきます。

関連記事
スポンサーサイト



若葉の色とアントシアニンの関係

ドライイーストを求めて・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿