FC2ブログ

IMG_7597 - コピー
5月のマルクシャガール。

まるで水彩画。

これが自然のなせる業ということが、

わたし的には一番の魅力。

咲き始めが黄色いのは春だけ・・

秋はもう少し白い。

IMG_7595 - コピー

昨日、シアージュボタニカルアートの

生徒の方から、こんなコメントをいただきました。

昨年描いた花が、色々な場所で咲いるのを見て

とても愛おしく感じたとのこと。

そうなんですよね・・

以前描いた植物が花の時期を迎えると

なんとなく気になって・・・

丁度、昨日も、あの大好きなアジサイの場所へ行って

見てきたところでした。

そうして帰宅したら…そのコメントが。

だから、物凄く共感してしまいました!

ところでアジサイ、いつもなら、

もっと沢山ご近所では咲き始めているのですが

今年は、まだ、小さな固いつぼみでした。

そのような例年と違うことに気が付くのも

一生懸命に観察したからかしら・・

一つの作品を完成させる毎に

一つのストーリーが生まれる。

私にとって植物画を描くことは

描いているとき、

観察しているとき、

描き終わって飾って鑑賞するとき

その花の季節が到来するたびに

そこを訪れたり、考えたりして

毎年、毎回そのすべてが

その植物にまつわる話として

綴られていきます。

そして出来上がった

その植物とのマイストーリー。

アトリエの本棚には

作品に関する資料が沢山並んでいますが

心の中には、その植物との出会いから

今日までのストーリーがいっぱい。

余韻が残る・・植物画・・

シアージュボタニカルアート
お知らせ。

第7期生募集中です!
6月10日(水)始まり月1回のレッスン
名古屋 地下鉄今池駅直結、
名古屋センタープラザビル12階
詳しくはー☆
問い合わせ:052-744-0451まで





関連記事
スポンサーサイト



ドライイーストを求めて・・

やってはいけないこと! 植物画的・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿