FC2ブログ

IMG_4292 - コピー

今年もつわぶきの季節が

我が家の庭にも訪れました。

IMG_4295 - コピー



植物画を始める以前は、全く興味がなかった植物。

ごめんなさいね。つわぶき。

ところが植物画として描かれていることが多く、

作品に出会うたび私は色々な感動を

体験することになりました。

ある作品は葉の光沢を強調していて

雨上がりの光景が作者の描きたい気持ちを

かき立てたのだろうかと思ったり、

また花弁の黄色の再現性の素晴らしさに驚かされたり

いつしか私は庭のつわぶきにも愛着がわき

蕾を見つければ今年も咲いてくれるのかと

嬉しくなるのでした。

ところで我が家のつわぶきが

随分小ぶりであることに気が付きました。

花茎の背丈は20センチほど

葉の直径も平均15センチほどですが

外で偶然見つけたつわぶきは

どれも葉がその倍以上もありました。

IMG_3730 - コピー

これは今年、8月に北海道の植物園で

見つけたもの。

物ずごく大きくて花茎が1メートルほどありました。

IMG_3729 - コピー

つぼみの形は似ていますが

蕾の花柄の向きがつわぶきとは異なります。

ふきでもなさそうですし

植物園で見つけたので北海道に生息する

つわぶきに似たものでしょうか。

雨がひどく降ってきたので

名前のプレートを探す余裕がなく

帰りましたが心残りです。

関連記事
スポンサーサイト



初めて 秋咲き

昨日のシアージュボタニカルアート教室から

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿