FC2ブログ

絵を描く勝倉秀美です。今日も訪問有難うございます。
新作を描き始めるときに、私は、何日も前からその素材に”感情”を傾けます。
ただの四角いキャンバスに描くのと違い、素材には、色々な形があるから。
色々な材質、手触り、質感、その作品が飾られる場所、
使用頻度からくる劣化を予測(そんなに厳しいチェックではなく単なる私の想像と経験からくるイメージのようなものですが)などなどその素材についてより良く、知るためにあることをします。

まるで、新しくクラスに転校してきた友人と親しくなりたくてその子のことを知りたいと思うようにです・・・
それは、その素材を自分の近くに置いてみることです。
例えば、いつも絵を描いている机の近く、テレビを見る横のテーブルやソファー。
『一体君は、どんな特色のあるものなの?』
という感じです。
そうすると色んなことが見えてきます。
その素材にあったいい絵を描きたい。
そんなことをしているから・・ほかのペインターのように
たくさんの作品を早く描けないのかもしれないけど・・・
でも、描き終わった後は、わが子のように愛着が持てます。
今日も読んで下さった方有難うございます。
感謝!
関連記事
スポンサーサイト



秋は、何か始めたくなる

名古屋8月のセミナー参加者募集!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿