FC2ブログ

IMG_4131.jpg

10月5,6日は、

大学での研究等における植物図において

日本で第一線で活躍されている梅林正芳先生の

植物図の講義を少し遠方まで足を延ばして

受講してきました。

実に内容の濃い2日間に渡る講義でした。

植物図と写生図の違い、

植物図に描きこむ内容について

多くの例を挙げて説明してくださり、

また質疑応答時間には

一人一人の質問に丁寧に

お答えくださいました。

先生はこの講義のために

仕事の合間に

いったいどれくらい多くの貴重なお時間を

割いてくださったのだろうかと思うほど

多くの資料と多くの植物を採取して

ご準備くださっていました。

中には10年前に先生のお話を

聞きたかったという方もいて

その言葉を聴いて他の受講者の方々も

同じ気持ちとうなづいてみえました。

教育や研究で求められる鋭い観察眼と

着眼点の置き方に

私たちは感動しながらもしっかりとメモを取り

学びました。

先生ありがとうございました。

先生の教えを

植物画を描く多くの人たちのために

活かせるよう伝えていきます。

感謝。

関連記事
スポンサーサイト



昨日のシアージュボタニカルアート教室から

写真撮影

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿