FC2ブログ

IMG_1384 - コピー
シアージュボタニカルアート教室で

描き方と一緒にその植物についての

話を聞くのも楽しみですという

お便りをいただきました。

そういえば先日北海道で

セミナーをした際にも

『植物について話しているとき

すごく嬉しそうですね・・』という

コメントをいただきました。

植物の話をお話しするのは

植物のことを調べていた時に

やはり感動があったから・・・

今では描き始める前に、

その植物について調べるということが

当たり前のようになっているのですが

これも楽しみのひとつ。

身近な植物であっても

よく見ると奇妙な物を

葉の裏にぶら下げていたり

花びらだと思っていたものが

がく片だったり

受精しなくても

どんどんクローンを作って

増え続けていける植物がいたり

でも結局、そういう場合

環境の変化には弱いのだそうです。

受精によって別個体の遺伝子が加わることによって

いろいろな過酷な環境にも対応し

耐えられる強さをもつことができるのだとか。

植物は面白いです。

人は植物を育てる楽しさ、

花を咲かせることができた時の感動

食した時の味わうという喜びと

植物からなんと多くの恩恵を

いただいていることでしょう。

だから、9月も半ばだというのに

まだたっぷり水やり・・?

とぼやくことなく、

ちゃんとお世話しなくてはね。

来年も、大きな花を咲かせてね。

沢山咲いてね・・・


関連記事
スポンサーサイト



庭の秋咲きジャーマンアイリス つぼみ

植物画として描くバラ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿