FC2ブログ

京都文化博物館発行
『京都・美のタイムカプセル』図録P11より
IMG_1029 - コピー

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。
昨日、京都を訪れました。

一昨年も同じ用事があり、
その時は、金閣寺などを
ついでに見てまわったんですが、

昨日は、京都文化博物館で
『京都・美のタイムカプセル』
12月1日まで

絵画から郷土玩具まで
京都府コレクションを
一挙公開というものが近くで
やっていることを知り
そこを訪れました。

展示されている絵の中に
今まで見たことのない絵がありました

それは、大きな屏風に
豪華に描かれた絵でしたが、なんと、

白い色だけで描かれていたのです。

そのダイナミックともいえる
立派な絵が白一色というのが
とても私の興味をひきました。

つるや、亀など縁起の良い物が
そこには描かれていました。


書き写してきましたので、ご紹介します。

江戸後期1750~1837
『白絵松鶴図屏風』

高貴な身分の家では、
お産に際して出産の場を
清らかな空間とするために
白い調度を用いた。

白絵屏風は清浄さを保つため
出産後、その都度廃棄されるため
ほとんど残っていない・・

とありました。

一人の子に一作品づつ
描いてもらっていたということ。

絵の仕上がりを待ちわびながら
子どもの誕生の日が近づくのを
待っていたんでしょうね。

誕生の後は廃棄というのも驚きましたが、
生まれた子供には、
色彩豊かなもっと美しい絵を
お祝いとして準備したのでしょうか・・・?

出産を・・新しい生命の誕生を
家族、家全体で祝い、大切なもの
神聖なモノとしていたことが
うかがわれます。

他には、日本で初めての漫画や
焼物など幅広く展示されていました。

面白い物も多く、楽しめました。
あと10日間ほど展示されています。

博物館の建物が、また素敵でした。
一軒おいて隣の郵便局も同じ建物で
街並みがいい感じでした。
IMG_1027 - コピー

夕方5時7分ののぞみに乗車し
6時半には自宅にいましたので
京都名古屋間は、本当に近いですね。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
>
関連記事
スポンサーサイト



トンボは勝ち虫 『 勝利 と 前進 』を意味する縁起が良い・・

フォーフィニッシュ『金箔を取り入れて』

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿