FC2ブログ

IMG_3572-3.jpg

いよいよ今週、札幌での

シアージュボタニカルアートセミナーが

開催されます。

1日目デラウエア、

2日目チューリップ。

大変多くのお申込み

本当に有難うございます。

やっと出来上がった混色絵具、

51本!

大量に絵具を混ぜることが

こんなに大変だとは・・・

混色する絵具の比率通りに混ぜても

A4サイズのパレット上ですから

よく混ぜないと、

ここは黄色が濃く出てる、

あそこは赤が濃いめ

等ということが起きます。

パレットナイフで念入りに混ぜた後、

肉眼で、絵の具の層が見えないか確認、

その後、その色を筆に取り

実際に作品を描いた時の色と

同じ発色がみられるか描いてみて確認。

以前一番効率よく混色絵具を作るにはと考え、

容器に入れて振ったり、・・手が疲れました・・

かき混ぜたりしてみたことがあるのですが

そうしますと容器の内側にこびりついた絵具が

いつまでも混ざらず、より一層時間と手間がかかり

やはりパレット上で、ナイフでしっかりと混ぜ

広い面積で混ざり具合と発色をよく見ながら

確認しながら絵具を作ることが

結局確実であり早道だと思いました。

実際に描いた時の絵具は既に乾いていますから

描いた時の発色の様子を確かめるのは

混色絵具が、乾いてからの判断になります。

あ~少し暗い、少し赤みが足りない

少し白濁ぎみ・・・

ということが起きます。

絵具自体も、工場でのロット数により

若干差があるときもあり、

大切な色ほど念入りにチェックします。

大量の出来上がりつつある絵具に

少しずつ赤、

少しずつ…というように

足してはよく混ぜを様子を見ながら

徐々に行います。

もし、ここで入れすぎた~

ということが起きてしまいますと、

東京から送っていただいた絵具の本数が

既に決まっていますから

失敗した場合の余分な絵具がないのです。

ですから微調整時点での入れすぎが起きないよう

慎重をきたすのがこの瞬間。

チェックのために再び乾かし確認ということを、

繰り返していましたら

絵具を作るだけで丸2日かかりました。

気がつけば、手が絵具だらけになっていました。

洗いましたが買い物に行き、

レジの所で爪にこびりついている緑色に

ぎょっとしたレジ打ちの方。

私も、驚いてゴクンと唾をのみ込みました。

他に必要箇所の色見本を作ったり・・

重複チェックをお願いしたり・・

私に出来ること全てを準備して

出発しなければと思っています。

先日のメールで北海道は

少し秋の気配が感じられるとのこと、

JDPA北海道支部の役員の皆様、

本部の皆様、色々とご準備して下さり

本当に有難うございました。

まだ、お目にかかったことない

北海道の受講者の方々一人一人にとって

有意義な2日間になりますように・・

皆様にとって、楽しい

シアージュボタニカルアートセミナーと

なりますように。








関連記事
スポンサーサイト



シアージュボタニカルアート札幌セミナー無事行いました。

ジャーマンアイリス ボタニカルアート

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿