FC2ブログ

IMG_3557-1.jpg

以前アメリカでみつけたマガジンが

なかなか良かったので、

帰国した後調べて定期購読することにしました。

あるとき特集で、

動きのあるシーンを描いた絵画が掲載されていて

これは面白いと何度も繰り返しページをめくって眺めました。

静止した一枚の絵の中は

水しぶきを飛ばしている飛び込みの瞬間。

昨日壁に貼られている雨天の絵を見た際に

そのマガジンで見た効果的な方法が

その絵に施されていることに気が付きました。

それで、そのマガジンを思い出したのです。

この雨の絵を描いた人も、

あの雑誌の特集を見たのだろうか?

雨のシーンを描くために、

外に出て長時間、雨を凝視したのだろうか。

雨の降る様子を何枚も写真に撮ったのだろうか

雨が描かれた ありとあらゆる絵画を

研究したのだろうかと、

色々なことが脳裏をよぎりました。

そうしましたらその雨の作者が

机に向かって黙々と

自分の絵に取り組むシーンが想像されて・・

暑さにばて気味だった私も

そうだ頑張ろうと

にわかに元気が湧いてきました。







関連記事
スポンサーサイト



行動力

真夏のバラ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿