FC2ブログ

IMG_9180-1.jpg

原種チューリップ ポリクロマが

咲きました。

芽生えはシルベトリスより

2週間も遅かったのですが

あっという間につぼみを付けて

咲き始めました。

クロッカスのようだとは

聞いていましたが

本当に小さくて清楚で可愛い

チューリップです。

IMG_9171-1.jpg

2枚の葉から2~3本の花茎が伸びて

花茎の一つずつに蕾を一つずつ付けています。

以前ご紹介しました、くねくねと葉をねじらせている

シルベトリス(同じく原種チューリップ)と異なり

葉がぴ~ンと鋭く伸びています。

けれど、クロッカスのような葉ではなく

小さ目ですが、確かにこれはチューリップの葉と

見てわかります。

IMG_9215-1.jpg

上から見ると、何と賑やか・・・

楽しそうね。

IMG_9205-1.jpg

ところが夜になると、閉じていました。

チューリップは

気温が上がると花弁の内側が成長して

花が開くのですが、

一度開いたら、そのまま閉じないのだと

思っていました。

けれど、ポリクロマは

夜になると、閉じていました。

昼間あんなに楽しそうに

開花していたのに、

何事もなかったかのように

開花したことがないかのように

固いつぼみの姿に戻っていました。

そして翌日、また、昨日のように

昼間開花し、夜になるとまた固く閉じていました。

夜はまだ、気温が少し低くなるからでしょうか?

とても温かい春らしい今日この頃ですが・・・

それとも、暗くなると閉じる性質?

一度成長した花茎に近い部分が

また縮小されるのでしょうか?
IMG_9183-1.jpg

以前ご紹介した、シルベトリス。

黄色い花が咲く予定ですが

外花被には、赤い色素がでています。

IMG_9182-1.jpg

これは、3つ目のわが家の原種チューリップ。

芽生えが最近やっとですから

1.5~2か月近くシルベトリスやポリクロマよりも

遅れて発芽。

一言に原種と言いましても

もともと海外のそれぞれの場所で、

気候も風土も違う場所で育っていたものですから

このよう差が出るのですね。

見ている私たちにとっては

順番に楽しめてよいのですが。

関連記事
スポンサーサイト



リンゴセミナー 締切間近!

 椿 岩根絞り

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿