FC2ブログ

haru2.jpg
春、目前の我が家の恒例は

春の大掃除。

これは年末の大掃除とは違い

必要に迫られた

場所確保のための掃除です。

主な場所は私のアトリエ。

入りきらない本棚から溢れた書物と資料。

これらを何とかしないと

新たに何か入れたいものができても

床に積み上げられることになる。

ではアトリエから外に出される物や

保管場所を狭められる物とは何か?

昨年一年、私の手が一度でも触れたか・

つまり必要とされたものか否かで

今年の配置が決まります。

今年はかなり大々的に配置転換しました。

頻度の少なかった書物は

勿論、別の部屋の棚に移すことに決めたのですが

全く不必要というわけではない物はどしようかしら。

例えば普段は使わないけれど

もしかしたら自宅教室の際に、

生徒の方の勉強のために、

取り出して使うかもしれないもの・・・。

移動場所をどこにするのかにも気を使いますね。・

それで、先ず場所確保ということで

移動先の部屋の本棚を見渡して

広く場所を支配している分厚いファイル数冊を

(実はもう何年も開いていないので)

どさっと処分しようと思いました。

きっと、その当時私が集めた切抜きやらで

重要度も低そうだらから。

ところが、開いてみますと

確かに重要度は低いのですが

捨てられませんでした。

なぜかと言いますと、もし捨ててしまったら

ワクワクしながら集めていた自分が

なくなってしまうようで、もうその頃を

一生思い出さないかもしれないと思えたから。

たとえ世の中では価値のないものでも

とりあえず捨てるのをやめました。

こんなことだから、毎年場所が足りなくなって

春の大掃除が必要になるんでしょ・・と

天からの声が聞こえてきそうな気がしましたが・・

代わりに別のものを捨てました。

紙は重たいですね・・

大きな市の可燃ごみの袋を、

パンパンに膨れるほどぎゅうぎゅう詰めにして

5袋も廊下に並んでしまいました。

そうそう今回ちょっとした発見がありました。

夕方5時になったら楽しい場所にお出かけしようと

計画を立てました。

気が遠くなるほどの大量の大移動。

床は、一旦棚から出されたもので埋め尽くされ

きっと途中で投げ出したくなりそう。ですから

出かけるまでに、必ず終わろうと頑張ったら

一日半でなんとか決着できました。

やればできものですね。私にも・・・

関連記事
スポンサーサイト



売れ行き18

軌跡

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿