FC2ブログ

IMG_3676-31.jpg

今月のシアージュボタニカルアート1年生は
アネモネを描きますが

写真のようにカラフルで華やかなアネモネは
園芸品種と言って

元々の原種とは
異なります。

原種の花は意外と小さかったりします。

私達がよく知っている
アネモネの特徴ともいえる
丸くて大きな花芯も

原種はそれほど大きくなくて
花壇に咲いて皆が楽しめるように
色々と交配されて作られた園芸品種は
見た目が綺麗に仕上っています。

IMG_3434-1.jpg
IMG_3423-1.jpg

これらは原種又は、原種に近いもの。
花も直径2~3センチと小さいです。

IMG_3706-1.jpg

また、アネモネの葉と言えば

このようにコスモスの太目版のように
沢山の切込みが入っていて、

植物画としては複雑ですね。

IMG_3446-1.jpg

けれど、中にはこんな葉の物もあります。
トリカブトもアネモネと同じキンポウゲ科なのですが

木の葉はそういえばトリカブトと似ています。

IMG_3224.jpg

これは受精に成功したアネモネの実。

一つづつ種が育っているのが透けて見えますね。

先月ご紹介したイチゴとは
構造は異なりますが

この写真の時点の実は
イチゴの瑞々しい痩果に似ています。

アネモネの実はこの後
タンポポの種のように

綿毛ができ、風に吹かれて
飛んでいきます。

8月のレッスンは、皆様お忙しい時期で
また、暑く、誠に申し訳ないです。

一層有意義で学びの多い日になりますようにと
準備していますが

何より楽しい一日となりますように。

関連記事
スポンサーサイト



ボタニカルアート8月レッスンから

モミジ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿