FC2ブログ

IMG_5162-1.jpg
イチゴの雌しべって花のときどうなっているのしらと。
花の咲き始め。
IMG_5362-1.jpg
花弁が散りかけたころ。
IMG_5449-1.jpg
中央の沢山の雌しべの塊は
直径3ミリほどなのでまだとても小さいのですが・・・

IMG_5450-1外側のがく片は
副ガク片と言って
蕾の頃はガク片と同じように花を包んでいますが
がく片と大きさと形がやや違います。
種類によっては、とても大きなものもあります。
IMG_5474-1
IMG_5505-1.jpg
イチゴは種と呼ばれている部分が
実は痩果(そうか)と呼ばれる実なのですが
売られている赤く熟した実の痩果は胡麻のようですね。
けれど、赤ちゃんの痩果は
まるで小さなマスカットの実のように
瑞々しくて・・・
透明感があってジューシーな感じですね。

IMG_5522-1
真ん中で切ってみました。
花床の周りに沢山痩果がのっているのが
わかります。
IMG_5371-1.jpg
もう少し大きくなった実。
雌しべの柱頭も枯れて痩果の形が目立っています。
でも、まだ小さいのですが
先ほどの2倍の直径になっています。
色も濃くなっていますね。
IMG_5382-2
雄しべの長さを比べてみると
とても成長しているのがわかります。
IMG_5415-1.jpg
雄しべを取り除いてやりました。

IMG_5396-3.jpg
花床の部分がかなり成長。
中から膨らんでいる感じ
IMG_5355-1
ここまで成長すれば
イチゴだとわかりますね。
まだ真っ白い花床の上に間隔をあけて痩果。

IMG_5545-1
IMG_5544-1
今週はイチゴの実を描きますので
丁度我が家に実っているイチゴで観察してみました。
皆様にとって学び多き一日となりますように。

一年生、2年生、3年生と
デザインクラス皆様の準備をしながら・・・

関連記事
スポンサーサイト



昨日のレッスンから

我が家のイチゴ収穫

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿