FC2ブログ

IMG_7840 - コピー

今年我が家は、

先日のヤスデ以外にも

いつもは虫などわかない牡丹の葉に

毛虫が発生したり、

早くから、綿毛のような虫が飛んでいたりと、

例年より害虫が発生しています。

山百合も、ようやく蕾が大きくなったのですが、

すでに傷だらけです。

小指の先ほどの小さな蕾のころに

藁の粉のような虫が沢山ついていたので、

養分を吸われて傷ついたのか

食べられたのだと思います。

昨日は久しぶりに、庭の草取りをしました。

庭の消毒をいつもより早く頼もうかと

思案しているところなのですが、

虫がいるかも…と思うと

木の中に入って、草取りする気になりません。

困ったな…

それでも、時間を決めて

毎日草取りしようと思っています。

今頑張ると、冬の前に10月ごろの草取りが

断然楽なのです。

昨年はそれを手抜きしたせいで

今年春は、こぼれた草の種が

一斉に芽を出し、今も、

取っても取っても出てくる状態です。

山百合の開花を楽しみにしながら、

涼しい時間に頑張ります。

スポンサーサイト



IMG_7756.jpg


ガレージの床、地面の中で

水道管が亀裂、水漏れを起こしていました。

・・・とっても怖かったです。

水漏れしてるのは水道管のどのあたり?

もしかして大工事になったら?

どうしよう・・!

側溝の下あたりからか?

アスファルトの道路も掘るのか?

想像力がはたらけば、はたらくほど、

『 どうしよう 』の言葉が、

頭から離れなくなりました。

結局水道のメーター近くの道路側の場所に

大きな穴が開いていました。

その場所は、ちょうど車の前輪がいつも乗る場所。

気が付かずにいたら、ある日突然

地盤沈下を起こしたかもしれません。

原因は経年による劣化?

それとも、地震か何かで偶然穴が開いたのか?

レンガの下のコンクリートを割って

地面の中を掘ったら60センチほどの深さが

どろどろの土になっていました。

コンクリートの厚みは約1センチでしたので、

結構、危なかったです。

水が漏れて地面に流れていたとしても

その土が別の場所に流れ出さなければ

地盤沈下の心配はないのですが

土が水道管メーターすぐ横の雨水桝に、

結構流れ込んでいましたので

コンクリートを割ったら中が空洞なんてことも

ありえたかもしれませんでした。

また、もう一つ、わが家はガレージが

インターロッキングになっていて

もし工事になったら、レンガをはがして、

大変なことになるのでは?

工事後、レンガはきれいに戻るのか?

それも気になっていました。

工事が始まっても、しばらくそこから立ち去れず

どのくらい水が地面を侵食しているのか、

水道管が地面の中でどうなっているのかなど

いつもは目にしない場所なだけに

心配が半分、興味が半分と

工事が始まっても、はがしたレンガを洗ってみたり、

私はしばらく、うろちょろ、うろちょろ・・・

でも、仕事の邪魔になるかもしれないので、

諦めて家に入りました。

結論、市から委託された水道管業者の方々は

とても腕のいい技術者でした。

仕事が、丁寧。

説明が丁寧、

仕上げのレンガ組みまで、全て完璧でした。

インターロッキングは、水道管自体とは関係のない

外構工事の分野ですから、やり慣れない仕事のはず。

だから、仕上げは元通りに

ならないかもしれなかもと思っていました。

市の水道局の方が、見に来られた時も

レンガを割らないと工事できないとか

仰られていましたし・・・

ところが彼らは、

きっちりと隙間なくはまっていたレンガを

一枚も傷つけずに、はがし始めました。

すごい!

しかも道具はいたって簡単なもので・・

これがプロの技か!

最後の最後まで、こだわってきれいに

仕上げてくださいました。

毎日通る場所だから、本当に嬉しかった。

腕のいい技術者の方に恵まれ

とてもラッキーでした。

心から感謝いたしました。

ありがとうございました。

IMG_7784 - コピー

一見、宇宙人の顔のような・・

これはアマリリスの実が

割れてきたところ。

IMG_7519 - コピー


黒く見えるのは種。

厚さ0.5ミリセンチという

超薄型の種が、何層にも重なり合って

この実の中にぎっしり

詰まっています。

薄くて軽いこの種は、

風に吹かれるほど・・超 軽い。

割れてきた・・と思って

2~3日してふと見ると

3分の1くらいは既に風に飛ばされて

なくなっていたりします。

種一枚の直径は約7ミリもありますから

桜の花びらのような軽さに近いです。

実の大きさが直径2.5センチほどと

結構大きいので、

中に入っている種がこれほどまでに軽いのは

実際に見てみたことのある人でないと

解らないほどの意外性です。

IMG_5063 - コピー

IMG_7306 - コピー

毎年のことですが

今年もとてもきれいに咲いてくれました。

以前お世話になった方が

ご自身の自宅で球根から増やしたのを

私にくださったアマリリス。

春に球根から新芽が出ているのを見つけると

蕾が顔を出すころを思い浮かべ

蕾が膨らむころになると

大きな花が咲くのを思い浮かべる。

開花を目にしますと、

今年も無事咲かせることができて

良かったと思います。

このアマリリスを小さな球根から

せっせと育てたその方の姿も思い浮かんで、

感謝の気持ちが

心にしみわたります。

大きな花だけど、とってもかわいい。

IMG_7781.jpg

家にいる時間が多いため

エネルギーが

余っているのか、

家族が色々と手作りを始めています。

いつもは私が作るしそジュースも、

気づいたら冷蔵庫の中に・・・

しそジュースはクエン酸とお砂糖で

味付けするのですが、

赤ジソの葉で作る、

今の時期だけの

季節感満載のとてもきれいな

ルビー色のジュース。

クエン酸の魔法で、ルビー色。

そして、そのジュースで

トレイにゼリーまで作ってありました。

ゼリーは角切りにしていて

意外とおしゃれ・・・

IMG_7783.jpg

今夢中になっているのが

梅ジュースのようだ。

青梅を買ってきて氷砂糖に漬けてます。

夢中になってる・・って?

ガラスのビンに入れて

放置しておけばいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、

毎日少しずつじわじわ~と

梅からうまみが出てきて

氷砂糖が溶けてきているのを

眺めています。

実は梅ジュースは

私も作ったことがないので

完成したら我が家では、初登場となる。

どんな感じに出来上がるか楽しみです。

エネルギー、消費されたかな~

一方私の方は、お掃除したり

家族の寝具をお手入れしたり

別の方法でエネルギーを消費しています。

昨日は梅雨の合間の快晴で

沢山色々とお洗濯をしました。

洗いたてのシーツ

お日様の香りがして

気持ち良かったです。

IMG_5440 - コピー
ヤスデとはムカデのように多足の

じめじめした日に見かける虫。

ヤスデ大発生の原因となった背景から・・

毎年、5月の始めには、

花壇の植物を植え替えるということを

してきたのですが、今年は

5月に入ると見栄えが悪くなるパンジーが

どういうわけかつまでも元気で、

6月中旬だというのにまだきれいに

沢山花を咲かせてました。

それを理由に、隣に植えてある

他の植物はとっくに枯れているのに

放置したままにしてあったんです。

そうしたら、・・・

見たこともないくらいの大発生。

ヤスデの大発生。

私は名前も知らなかった・・・

名前があったんだね・・君にも・・

益虫らしいのですが雨が嫌いらしく

1週間ほど前から降り出した雨から逃れるため、

大移動を始めたのです。

外壁を上るとは知らなかった、・・唖然。

調べると枯れた草や

落ち葉を食べるらしい。

結構動きが速い、丸まって死んだふりをする、

おまけに重なり合う習性・・やめて💦・。

外壁を上るのを見つけて、やっつけても

いったいどこから来るの?

どこから出発して、せっせと外壁を目指すのか。

自分でも信じられませんが、

少しだけ虫の気持ちになってみました。

条件を絞るため、

食料が豊富にあって、かつ雨が降ったら

雨宿りできる壁、外壁がある場所。

つまりヤ○○にとって心地良く暮らせる場所は?と。

そしてヤ○○の動きに注目しました。

まだ登っていない地面をはうのを見つけたら

しばらく動きを観察。

どの方向から来た様子なのか、・・

同じ外壁でも東西南北で数が異なる。

理由があるはず・・と

行動のすべてをチェック!チェック!

あ~この2日間私の時間は

ヤ○○に奪われてしまいました。

結果、

枯れたままになっていた花壇の土の中、

私の手抜きのせい・・

枯れた植物のあった鉢の土の中、

枯れた植物の鉢をいくつも並べて階段に置いていたのですが

階段とその鉢の隙間に。

御影石の上に4~5枚集まった枯れた葉3か所。

発生場所を見つけたので

駆除にかかりました。

始めはわからないので、

上記の場所に駆除のスプレーをしたところ

一見絶命したかのように見えるのですが

1時間ほどすると一斉に土の中から出てきて

危機感を覚えたヤ○○は雨が降っていなくても

いつも自分達が雨宿りする外壁に向かって

大移動し始めたんです。

雨をよける行動=生命の危機の時

同じ行動をとるようです。

枯れた植物は土を払わず根ごと排除、

この時点で、かなり激減しました。

しかし、1日何度も見回りしていたら

昨日いなかった場所に今度は、集まっていました。

そのうち、まだ生まれたばかりの小さいものもでてきました。

明るい時間に駆除するのがお勧めです。

なぜなら土の中に生息しているようだから。

保護色で、雨天は明るくないと見つけにくいから。

枯れ葉を食べますが、それは食事中の時で

土から沢山出てきます。

1匹見つけてスプレーをすると、

沢山土の中から出てきます。

土に蒔く粉末状の防虫剤も蒔きました。

心配だったのは、植物が防虫剤で

枯れてしまわないかということだったのですが

その辺は土に蒔くものなので

害がないような薬品のようです。

4月~10月まで発生する虫なのだそうですが

大発生した年にしっかり防虫すれば

その後はそんなに発生しないとのことです。

別の場所に大移動していないか

再三チェックしようと思います!

これからは枯れ葉、枯れた鉢植え、放置せず

出来るだけ早く片付けます!

夏場は、家の近くに鉢植えを置かないようにします!

毎年なんとなく、花壇の手入れをしていたのは

知らず知らず防虫効果になっていたなんて

知らなかった。

これが今回得た、最大の学びです。

植物を植えたら、枯れた後も

ちゃんと面倒みなければならないんですね・・

花を楽しませてもらって有難うの気持ちが

・・足りなかったかも

ごめんね、植物。

IMG_7736.jpg
鮮やかな黄緑色を見ると

若い色と思う。

若い色は、成長の色。

若い色は生命の色。

毎日何度もこの風景をみるのですが

若葉の美しさが今だけのものだと思うと

梅雨のうっとうしさも忘れてしまいます。

動物の場合、一個体において

古い細胞と若い細胞が

同時にはっきりと目で見て区別がつき

それによって若いな~などと感動することは

余りありませんが・・

例えば生え始めたばかりの細く短い髪の毛と

長くて太い髪の毛を見比べても

この髪は『若いな~』などとは

感心しませんが

植物は、季節がサイクルになって

成長の過程を目で見極められるから

冬の後の春という明るいイメージと

木々の黄緑色の若葉の色がマッチして

普通は色には使わない

若いという表現を用いても

大抵は違和感なく、通じてしまうものです。

ところで、以前はこの黄緑色が

新緑の季節に見られる特に瑞々しい

新芽の色だと思っていたのですが、

植物を観察しているうちに

新芽が赤い植物も、結構沢山あるのだと気づきました。

例えば牡丹、バラ、椿など・・

また、春のアカメは紅葉とは異なる赤で

春の垣根を一面真っ赤に染めたりもします。

案外、身近な親しみのある植物に多いのです。

また、赤とまでいかなくても黄土色をした新芽も

あるんですよね。

ローアンバーが入ったような

濁った黄土色などは、

若いイメージとは

かけ離れた色とも言えます。

味に例えるなら、苦そうな色とでも

表現したくなるような黄土色のことです。

鮮やかな黄色の多い黄緑は

去年の枝の濃い緑色の葉と

明度、彩度、温度のどれもが

かけ離れて高いため

両者が同じ枝についていると

際立って人目に付きやすい。

それに比べて、赤い色の新芽は

近づいてみれば、気が付くのですが

アカメほど広い面積で

全体を覆う感じでもない限り

遠くからでは目立たなく折角新芽をつけても

気づいてもらえにくいものです。

新芽の赤色には何か意味があるのかしら・・

新芽だから、あえて赤なのだろうと

思えてしょうがない。

新芽は成長点だから植物にとっては

かなり重要な個所ですものね。

そこをむしゃむしゃと食べられてしまったら大変!

飛んでくる害虫から目立たなくして

食べられないよう防御するため・・?

何か新芽だけに必要な成分が含まれているのか?

実はこの赤い色はナスと同じ

アントシアニン。

アントシアニンといえば、強い紫外線から

植物を守る効果がある色素でしたよね。

新芽には、アントシアニンが多く含まれていて

クロロフィルは少なく。

これから作り出されていく時期なのだそうです。

葉の重要な役割には主に光合成と呼吸、

蒸散(根からの水分を吸い上げるため)があるのですが

そのうちクロロフィルを含む緑色の葉緑体が

新芽にはあまりないのだそうです。

それで緑色があまり外から見られず

初めから多くあるアントシアニンの赤色だけが

色濃く見えるのです。

アントシアニンとクロロフィル

赤と緑の色素が同じ場所に存在しているように

勘違いしてしまいそうですが

実は細胞の別々の場所に存在しています。

アントシアニンは、細胞の中の液胞の中に

含まれていて

クロロフィルは葉緑体の中に含まれます。

クロロフィルのお陰で、植物は

動物にはできない光エネルギーを

捕集して化学反応を開始させ

自分ででんぷんを作り、そのでんぷん消費して

生命を維持していきます。

つまり、植物は自給自足ができる生物。

人は自給自足できないから、

食物という栄養を得て生命を維持する。

植物の自給自足できる鍵が

クロロフィルが、太陽の光エネルギーを

GETできることというわけです。

ですから重要なクロロフィルを含む葉緑体が

出来上がるまで、葉自体が

光による害を受けないよう

植物は自分自身を守る必要がある。

それがアントシアンというわけです。

葉緑体が増えていくと、アントシアニンの量も

減っていくということで赤い色が抜けたように

緑色が次第に濃くなっていきます。

植物によって、どれくらい光による害を

受けるのかの程度が異なるようなので、

新芽の色も、必ず赤いわけではないようですし、

ずっと赤色が消えないで残る植物もあるようです。

新芽が始め赤いことが、

やがて緑色の葉を成長させるために

役立っていたなんて驚きです。

ttr.png

シアージュボタニカルアート教室の

デザインクラス。

色々な黄色

色々なオレンジ・・

色に関しても深堀していきます。

どのように深堀していくかといいますと

理論に裏付けされた確かな知識に

先ずは触れることからスタート。

長年の経験からとか、

なんとなく色々混ぜたらいい色ができた・・

などという感覚的な部分も

絵を描く上では必要ですが

なぜそのような色を作れたのかという

理論も理解できていたら・・・

鬼に金棒ですよね!

自由自在に色を操れたら

やっぱりステキ。

シアージュボタニカルアート教室では

色彩学を根拠にした理論という角度から

色について学びながら

実際にやってみるという実践も絡めていきます。

そしてその学びが作品に反映できるところまで

コツコツと積み重ねる。

私の学びの基本理念は

習うより慣れる。

ですから、色彩学の香りに

ほんのり触れただけであっても

やってみる。

少し理解できただけでも

やってみるということが

最も重要なポイント。

3分の1の理解でも

今の実力で精一杯やってみる。

それが一歩一歩、確実にレベルアップを

実現します。

色に関してだけでなく、デザイン性も重視。

色についてとデザインについては

別々ではなく両方を組み合わせてできる

色々なメリットがあるんですよ。

そんな感じで植物画を描く上での

大切な基本を順序だてて

習得していただけます。

また、植物の生態などにも触れ

植物自身についても併せて

吸収していただけます。

道路を歩いていて見つけたかわいい花、

これまでなら綺麗!と思うだけで

通り過ぎていたのに

近くまで行って観察してみた、などという方も

増えています。

植物という身近なものがモチーフだから

学んだことが日常でも役立ち

ゆったりとした癒しのひと時の

きっかけとなります。

皆様が描いてみたいと思った植物に出合った時

スケッチブックを持ってきて

躊躇せず描き始められる

皆様のそのような姿を想像しながら

一生懸命ご指導にさせていただきます。

IMG_7698 - コピー

わが家の人気メニュー

ピザ。

ピザといえば丸いのが定番ですが

わが家のピザは四角。

学生時代にホームステイした

ヨーロッパのお宅では、

友人やいとこ同士が集まって

子供たちだけでワイワイガヤガヤと

それは楽しそうにピザパーティーをしていました。

大人が手伝わず・・・というか

大人は居なかったです。

子供だけで生地から作って

トッピングをのせて

自宅の四角い鉄板に

隙間を空けることなくぎっしりと・・・

鉄板のスペースを余すことなく使って

大きなピザを何枚も作って

それを四角く切って食べていました。

カットする際も、△にはせず、

四角く切って・・・

それがなんとも私には驚きで

豪快といいますか

それが作り方も見ないで

皆おしゃべりしながらいつもの定番という感じで、

大人がいなくても

子供だけでピザって作れるものなの?

ピザって簡単に作れるものなの?・

そして四角い鉄板いっぱいに引き伸ばされた

ピザというのも家庭的で

何もかもが当時の私にはカルチャーショックでした。

それで我が家でも、皆ピザが大好きなので

出来るだけ大きなピザを作って食べようということで

毎回生地を、鉄板いっぱいに引き伸ばして

大きく四角いピザを作ります。

ところが、今回は、思わぬハプニングが起きました。

何処を探しても、ドライイーストが売っていないのです。

5軒スーパーを探しましたが

売り切れでした。

始め強力粉が売り切れではないかと案じていましたが

何とか強力粉は見つけられました。

けれど、ドライイーストがなければ

生地が作れません。

それで、パンを3斤買って帰りました。

何より気がかりだったのは

家族ががっかりすること。

ピザとピザトーストでは別物・・・

な~んだ・・・とがっかりされるのではないかと

心配していました。

材料を買って帰宅してすぐに玄関で

大きな声でドライイーストが売り切れだったと

言おうかしら?

それとも焼いているときに覗きに来たら言おうか・・

食べる直前だとがっかり感が

食事の最中にMAXに・・どうしよう?

久しぶりのピザを楽しみにしていただけに

私の方も、一番良い言うタイミングが

見つからず、困ってしまいました。

IMG_7698.jpg

けれど、5軒まわった後

最初の店に戻ってパンを買って帰ろうと立ち寄った際に

気が付くとそこに偶然立っていました。

思わず、5軒探したけど売り切れだった・・と

言葉がつるりと出てしまいました。

しょうがないよ‥有難う・・・の言葉。

ほっとしました。

ところが食パンを鉄板に並べたら

なんといつものピザそっくりになって・・・

見た目はそっくり。

トッピングはいつもの食材だったので

食べてみても味も同じ。

更に食パンが焼いたらいい具合に固さも出て

いつものピザのように美味しかったです。

パンは鉄板に張り付かないので

取り出しやすく、

ピザのように生地の焼き具合が気にならないので

焼き加減もいい具合にでき、

パンならではのメリットもありました。

とりあえず、家族のために

役立ててよかった。

もしかしたら、お子様と

ピザを作って食べたくても

ドライイーストがなくて諦めている

お母さんもいらっしゃるかもしれません

トースターではなく鉄板の上で

隙間を空けずにパンを並べて焼いてみると

ピザトーストというより

鉄板の熱が良い具合に焼きあがり

いつものピザらしく見た目も味も

美味しく出来ますよ・・・