FC2ブログ

IMG_4738 - コピー

大寒に花開く梅のように

逞しく・・・と教えられましたが

今年は温かいですね~

あちらこちらで梅の開花を目にしますが

我が家でも咲き始めました。

可愛くてかわいくて・・・

IMG_4741 - コピー

嬉しいな~

私は丸いものが大好き!

ころころしてる蕾に

ほっこり(*^-^*)

るんるん

>
スポンサーサイト



IMG_4657 - コピー

秋に購入したパンジー、

時期が早くまだ蕾も育っていない状態で

買いました。

色がわかるように

1輪の花がプレートに印刷されていたのですが

大きな花で、こんなに形の良いパンジーが

本当に咲くのかしら・・

と思いながら植えました。

IMG_4660 - コピー

ところが、予想に反し、

どれもそのプレートそっくりの

大きくきれいな花が咲いています。

IMG_4658 - コピー

IMG_4659 - コピー

クローンか?

と思わざる負えないような

同じような花。

大きくて綺麗な花が沢山咲いて

嬉しくないの?

私は毎年、沢山の黄色いパンジーを

買うのですが

その時、一鉢一鉢、葉の勢い

蕾の付き方などを確かめながら

これがいいかな~などと

思いながらひとつずつ選びます。

家に帰って庭に植え

大きく咲いたなら、思った通りと

目は確かだったと喜び

小さな花が咲いたら

そういうこともあるよね・・と

水やりしながら、花がらを摘みながら

それぞれの苗の個性を

ある意味認めながらそれを楽しんでいます。

けれど、全部同じなんて

面白くないです。

大きく咲くものもあれば

小さいけど沢山咲く苗もあり

それが同じ種であっても

個々が持つ個性だと思う。

大きくてきれいな花が咲いているというのに

私は何を不満を言っているの?

変じゃない?

と、ふと自分自身に気が付きました。

庭に花を植えるのは

素晴らしくいい花を見たいからだけではなく

苗達の個性

すくすくと育っている苗

ちょっとひ弱な苗

大きな花を咲かせる苗

・・・

そのような個性溢れる

植物に触れ合う時間が

楽しいから。

個性溢れる苗たちは

それでも皆一生懸命咲いていて

けなげで、かわいいから・・・

そういう鑑賞の時間を

楽しむため・・・

植物との共有できるひと時が

癒しだから・・・


IMG_4649 - コピー

咲き続ける庭のジャーマンアイリス。

冬咲きは色が濃いです。

バラなども濃いものが咲きますので

寒冷と色素は関係あるのかもしれませんね。

ところで今年は庭のジャーマンアイリスに

異変が起きています。

いつもは10月末から11月初旬にしか咲かない

秋咲きジャーマンアイリスが

今年は12月から新たに花茎を出し

現在も咲いている。

冬咲きになったようだ。

けれど、異変というのはそれだけでなく

今まで一度も秋冬には

咲かなかった春にのみ咲く品種も

冬咲きに移行しているという点。

以前ご紹介した眩しい黄色以外にも

新たに花茎を見つけました。

この花茎の位置は黄色ではなかったように記憶していますが

花が咲くまでわかりません。

いくら暖冬であっても

ほとんどの種類はまだ新芽が7センチほどしか

できていないというのに・・。

春にはどの品種も一斉に花を咲かせるので

気温に対する敏感さが種類によって

それほど違うとも思えないのですが。

IMG_4654 - コピー

これは昨日の様子。

IMG_4650 - コピー

ところで、以前花びら切込みが入っている変異種を

ご紹介しました。

それと同じ種類の別の芋から出た花茎の花の内

この花はなんと

上の花弁が一枚足りませんでした。

それが起きているのは2枚目の写真の

向かって右側の花茎

3つ花が咲いているのですが

その内2つが上花弁が1枚足らない

変異種です。

変異が起きても

その遺伝子が劣性の場合

なかなか形質には現れないのですが

これほどの頻度で形質に現れるということは

これは優性なのかもしれませんね。

例えば、赤い花が咲くのが優性遺伝子A

白い斑入りの劣性遺伝子aがあったとして

劣性の遺伝子a

たまたまホモaaであったなら

(卵細胞がa, 精細胞もaなら

受精によって胚はaaという遺伝子型になる)

今年白い斑入りのある花が咲きますが

いくら今年斑入りの花が咲いたとしても

交配(おしべ側の遺伝子型がAa,又はAAによってできた種子が

ヘテロAaならば

その種を蒔いて翌年咲く表現型は

優性のA赤になるのです。

しかし、見た目は優性の赤い花であっても

隠れて劣性のa遺伝子を必ず持っているので

つまり遺伝子型はAa

その花のめしべ(卵細胞)が

同じようにAa遺伝子のおしべの花粉(精細胞)と受精したなら

AA(,赤)、Aa(赤),aa(斑入り)

の3種類の種子ができる可能性があり

優性の表現型A赤になる確率が大)

一年後には劣勢遺伝子のホモaaの遺伝子型を持つ種子を蒔けば

再び斑入りの花を咲かせるかもしれないのです。

遺伝子の発現にもいろいろと種類がありますが

頻度が高いものは優性の可能性大ですね。

こんなことを考えながら

植物観察していますと・・・

寒いというのに外にいる時間が

増えています。

そして外気の冷たさすら清々しく感じる。

冬だからと言って家の中ばかりではなく

お天気の日はのんびり散歩もいいかも。

気分一新!

IMG_4646.jpg

銀座ソレイユフォークアートアカデミー

講師と生徒による作品展(名古屋校主催)、

シアージュボタニカルアートの

生徒の皆様の作品が美しく展示されていました。

シアージュボタニカルアート教室では

生徒の方々はとても一生懸命

学ばれています。

植物の生態、

色の作り方、

植物画としてのルール

デザイン、表現方法など

とても多くのことを学ばれています。

コツコツと前進し続ける姿、

無我夢中で取り組まれる姿

励まし合いながら頑張る姿

和気あいあいとした雰囲気の中で

成長し続けています。

私はそのようなお姿を見守ってきましたので

生徒の皆様の描き上げた作品を

沢山の方々に見ていただける機会に恵まれ

本当に嬉しいい限りです。

植物は私達の毎日の生活に

寄り添い、心を癒してくれもの。

来場くださった方々の心にも

作品たちが、優しさく、そっと

語りかけたのではないでしょうか。

アカデミー主催でしたので

他のお教室の作品展も

沢山展示されていてとても賑やかでした。

ご来場くださった皆様

有難うございました。



IMG_4473 - コピー
今まで同じに見えていた葉なのですが

並べてよく見たら、

全然違っていて、驚いています。

それで、他にもないかと探してみたら

IMG_4473 - コピー (2)

こういうのもありました。

これはタンポポと比べると

とても小さな花を咲かせます。

IMG_4473.jpg

こうして並べてみると

意外と似ていたりして・・

IMG_4473 - コピー (3)

進化の過程で

だんだんと深く

切込みが入たのでしょうか。

現在地球上ではおよそ180万種の生存が

認識されているのですが

生物の分類に初めて取り組んだのが

ギリシャの哲学者アリストテレスでした。

彼は生物を動物と植物に分け、

更に植物の茎の特徴や動物の生息場所によって

分ける分類体系を提唱しました。

しかしこうした、人間にとって解り易い

形態的要素に基づく主観的な分類は

生物の類縁関係を正しく示すものでは

ありませんでした。

ヘッケルによる

動物、植物、原生生物・細菌による三界説。

ホイタッカー、マーグリスによる五界説。

三界説と五界説では菌界を

植物界に入れるか入れないかが

大きな違いになる。

私にとっての驚きは

プラトンの弟子アリストテレスが

活躍していたのが起源前350年ごろ

今から2400年も昔なのですが

それがどういう時代かといいますと

日本における弥生時代の始まりなのです。

日本では1万年も続いた

狩猟生活による縄文時代の後

やっと農耕が始まったのが

紀元前4世紀。

そのような時代に

海を越えた西洋では

既に分類という概念があったんですね。

「万学の祖」と呼ばれるアリストテレス

素晴らしい!





作品展サンケイ
imaike.png

2020年1月16日(木)~18日(土) 、

名古屋今池ガスビル7階にて

銀座ソレイユフォークアートアカデミー

名古屋校主催の、

講師と生徒による作品展が開催されます。

名古屋校の定期クラスに参加されている

生徒と講師による作品が

一堂に会する、3 年に一度の

ビッグイベントです。

シアージュボタニカルアートの生徒も

作品を展示いたします。

生徒の皆さまの作品は、

カリキュラム作品とデザインクラス生の

計18作品です。

皆、一生懸命に描き上げました。

素晴らしい作品の数々です。

名古屋今池は名古屋駅からも近く

交通の便もとてもよく

サンケイ名古屋店もすぐ近くですので、

ついでに筆など帰りにお買い求めにも便利です。

また、私の作品は名古屋店に2作品、

ガスビル7階に1点展示されています。

地下鉄ご利用の場合
【東山線・桜通線】
地下鉄今池駅10番出口直結

JRご利用の場合
【JR中央本線】
「千種」駅より東へ徒歩約10分

名古屋駅からのアクセス
【地下鉄 東山線】
藤が丘行きに乗車10分 「今池」駅下車 10番出口直結

沢山の皆様のご来場

お待ちしています。

IMG_3178 - コピー
年明け初めての

シアージュボタニカルアートの

レッスン日でした。

エレベーターのところで、

『先生を見つけて急いで来ました』と

走っていらしたのか、息を切らしながら

声をかけてくださった生徒の方の

振り返った時のパット目に入ってきた

朝一番の元気な笑顔に

私も元気をいただきました。

強風雨にもかかわらず

皆さま出席してくださり

有難うございました。

年明け早々にも関わらず、

作品をきちんと完成させてきた方が多く

中には2作品仕上げて

見せてくださった方もいらっしゃり

その頑張りを拝見し感動いたしました。

年末からお正月にかけては

主婦は皆、忙しいですよね。

その中で時間を見つけて一生懸命筆を執り

作品と向き合っている様子が

目に浮かびました。

今回柿のブルームの描き方がわからない

というご質問がありましたので

ブルームの柿の写真。

ある方が、ご自宅の真っ赤な柿を

描いて持って来られました。

この写真の柿よりももっと赤い柿。

12月末の、鳥が食べたくなるような

甘そうな柿・・・

葉もすでに茶色く、枯れ色で

ゴロンとした大きな柿が印象的でした。

デザインクラスでの成果が感じられ

継続は力なり・・かなと

嬉しくなりました。

いつも応援いただき有難うございます。
下の絵をクリックしていただきますと応援ポイントにつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

並び方を変えたら、気分も一新!
IMG_1253 - コピー
今年一番に取り組んだこと、

やはり初心に帰って

仕事のやり方改善に

今年も取り組みました。

ある部分においてここ何年も答えが見つからず

ただぐるぐる回っていただけでした。

ところが

もうこれ以上の改善方法はないと思っていても

まだまだ改善の余地はあるんですね。

一つ前進すると、次の扉が見えてくるように

人は成長し続けられるのかもしれないと

思えてきました。

元気が出てきました。

気づいたことから

毎年少しずつ改善してきたのですが

これが仕事に限らず、

家庭内の雑務のこなし方改善にも

役立ち始めています。

×10倍速という言葉を

よく目にしますが

10倍速、できたらいいな~と思います。

さて今週はシアージュボタニカルアート

1月レッスンです。

今月のデザインクラスは、

カリキュラムにあまり出てこなかった

Red violetと Violetの混色について

学びます。

パンジーの季節、

パンジーも描きます。

それでは皆様にとって

学び多き一日となりますように

何より楽しい一日でありますように。


IMG_4498.jpg

皆様が下さった年賀状を拝見し、

手書きの言葉が書いてありますと

嬉しいですね。

一人一人の想いを受け止めながら

読ませていただきました。

今年も生徒の皆さんの頑張りに

応えられますよう

私も一生懸命ご指導させていただこうと

思っています。

一年後

『私ってこんなに、上達したんだ・・・』

と喜んでいただきたい・・

そのような想いで

気持ちを引き締め

私も今日の一歩を踏み出します。