FC2ブログ

IMG_3765-1.jpg

IMG_3587-1.jpg
セミナーの前日8月28日に

中部国際空港から新千歳空港に

飛びました。

北海道に到着して一番最初にしたこと・・

北の海の幸という駅弁を買って食べました。

お天気はあいにくの雨でしたが、

暗くなるまでに少し時間があったので、

荷物だけホテルに預けて

歩いて北大(北海道大学)の植物園へ行きました。

植物園の入り口が見えるまで

長い長い道のりでしたが

フェンス越しにぶら下がっている見たこともない

植物に引き寄せられ、

私は雨が降っているのもお構いなしで

カメラで写真を撮るのに立ち止まったり、

観察したりしていました。

もしも植物画を描いていなかったら

道を歩くだけで楽しいという人生の楽しみ方を

きっと知らなかったでしょうね。

植物はその土地に生息する固有のもの。

もし、植物園に行く時間がなかったとしても

きっと道端や街中で見かける植物に

私は足を止めたことでしょう。

特に北海道という特別な気候の元で

どのような植物に出合えるか・・

それも北海道セミナーの楽しみのひとつでした。

植物園の温室と言えば蒸し暑くて

汗をかきそうというのが普通なのですが

北大の植物園は涼しかったですね。

IMG_3637-1.jpg

ですがゴクラクチョウカの花が咲いていて

9月を目前に控えた時期、

既に北海道では2学期が始まり

秋の気配でしたので不思議な気がしましたが

以前より切り花ではなく実際に咲いているところを

観たかったのでとても得をした気分でした。

IMG_3652-1.jpg

温室では睡蓮が咲き始め、

睡蓮などの植物は屋外ですと

大抵遠くから眺めるだけで

なかなかカメラに収めることは難しいのですが

また、温室の場合、室内の湿度と気温が高く

写真を撮ろうとしてもカメラのレンズがくもって

やはり上手く写真が撮れないのですが

涼しいくらいの室温でしたので綺麗に写真が撮れました。
IMG_3651-1.jpg

IMG_3698-1.jpg

北大の植物園はトリカブトに特化した標本園を

持っていることで有名?

これはエゾトリカブト。綺麗な薄紫でした。

靴がどろどろになり、そろそろ帰ろうかな・・と

ホテルに戻りました。

セミナー一日目はデラウエアでした。

車で6時間ほどかかる場所からの

受講者の方々がいらっしゃると聞き

北海道は広いんだと改めて認識しました。

名古屋から車で6時間と言えば、

広島の向こうまで行ってしまうほどの距離。

北海道ではシアージュボタニカルアート

初めての方ばかりということで

インストラクション作成時より

セミナーの進め方を考えてきました。

初体験・・

練習してみよう・・・

慣れてみよう・・・

少しレベルアップしてみよう・・・と。

始めは私も、皆さんも緊張していて

ですから始めから焦らず、

先ずは体験していただこう

そして手応えを感じてもらえたら

後はスムーズにと

デモンストレーションを続けました。

午後、昼食後は、うっとり

眠たくなるのが普通なのですが

皆様とても熱心な眼差しで聴いて下さり

午後も午前中同様

修正の仕方を尋ねられる方や質問にも

お答えしていきました。

一日目の帰り際、

朝よりも皆さんの表情が和らいでいて

沢山学んでいただけだろうか、

楽しんでいただけただろうかと思いながら

その日の講義を終えました。

参加者の皆様

御清聴ありがとうございました。