FC2ブログ

IMG_5734-2.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。
庭ではこでまりが満開です。

でも今年初めて気づいたことが有りました。

IMG_5734-3.jpg
これは何?

花芯が見慣れない姿をしていて
始め目を疑いました。

こでまりの花芯って
こんな風だったかしら・・・・

こでまりは以前描いたこともあったのですが
気が付かなかったわ。


IMG_5738-1.jpg

だってこんな風だと思っていたから・・・

周りを見渡してみたら

解りました。

IMG_5734-1
咲いたばかりの花だったんですね。

花弁は開いたけれど

花芯はまだ閉じていた時のように

中心を向いているのね・・・

こでまりは小さな花が集まって
球体のような形で咲いています。

球体に見える満開のときには
すべての花が花芯まで
外に向かって花火のように
開花しています。

塊のような
小花が集まった全体像ばかりに
気をとられて
一つ一つの花への観察が
できていなかったようです。

そうそう

ゴールデンウイークですね。
私は、庭の手入れをしようと思っています。

新しく増えた植物

季節ごとに順番に花が咲くように
植え替えた植物

某弱無人にの伸びる枝の始末など

気になっている場所を
綺麗にしようと思っています。

それから草取りも・・・

1か月前に綺麗にしたところも
あの努力はなんだったの?
というくらいまた生えています。

木が植えてある辺りは
草取りと合わせて
防虫のために
余分な枝を切り取り
風通し良くする作業も
毎年行っています。

花も夏用に植え替えなくては・・・

そうそう、昨年種を採集出来なかった
ハイビスカスですが
何と温室に入れなくても
冬越えをしましたよ。

地面に植えてあったものを鉢植えにして
余分な枝を取って日向に置いておいたところ
今、小さなつぼみを付けています。

冬越えした固い葉の葉柄と茎の間から
新芽が出てきたと思ったら
もうつぼみを付けています。

本当に植物の生命力はすごいですね。

早く咲きたい。

はやく見てほしい

そう言っているようです。
スポンサーサイト



IMG_8503-1.jpg
かりんの実ってご存知ですか?

よく聞くのはかりん酒やかりん入りのアメ。
かりんは風邪に効くようです。

かりんの実はこんな形をしています。

我が家でなった実です。

手前の実は長さ10センチほどもあります。
パパイヤのようですが・・・

毎年気が付くと実がなっていて
一体どんな花が咲くのか?

いつ咲くのか?

ここ4~5年気になっていました。

IMG_8512-1.jpg
3月後半、見つけました。

やっと枝に

黄緑色の新芽が

出てきたばかりだというのに、

直ぐにつぼみを付けています。

可愛いピンク。

小さいのにとても
色が濃くて
綺麗に巻いています。

花のピンクの部分は4ミリくらいです。

IMG_9514-1.jpg

でもすぐには咲かないのです。

それから1週間ほどの間に

枝にはみるみる葉が

育っていきました。

蕾はやや大きくなった程度だったのですが・・

IMG_9512-1.jpg

最初の写真から2週間ほど経過。

今度はつぼみもふっくらと・・・

大きくなっていました。

ややピンク色が

優しい桃色に変わっています。

IMG_9832-1.jpg

咲きました。

中央にあるのが

めしべの柱頭。

5つに分かれていて

ハイビスカスのめしべに似ています。

ハイビスカスと比べると

花の大きさは10分の1くらいで

形も全く違いますが・・・・

親戚の様ですね・・笑

IMG_2580 - コピー
こちらハイビスカスの花。

今日も訪問有難うございました。


絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

奥山義人につての記事を
10日ほど前にみつけました。

実は我が家にも
彼の作品が有ります。

結婚式のお祝いに
いただいた物なのですが
とても気に入っています。

コーヒーの歴史が版画にされていて
作品を見てまず目を引くのは
望遠鏡を見ているオランダ人らしき人の姿。

そして波のくるんくるんとした
面白い形。


それから

こんなにも細かい版画を掘るのは

大変だったでしょう

と思うこと。


コーヒーを日本に伝えたオランダ人。

と言う題名も気に入っていて

全てが独特で興味を引きます。


お祝いを下さった方が
特別な人でもあったので、
とても大切にしてきましたが
その方の
紳士でユーモアのセンス抜群の人柄と
この作品の雰囲気が
とても似ていて
作品を観るたび

ほっこり

心が和みます。


この作品をいただいてから
友人の結婚式のお祝いに
私も何か形に残るものを
考えるようになりました。

彼のように気の利いたものを
準備することはできませんので

欲しい物を聞いてから
それをお祝いに
させていただくことにしました。

新聞で
版画の作者 奥山義人の記事を見つけたのは
とても幸運でした。

懐かしさが込上げてきました。



IMG_8625-1.jpg
昨日は

ボタニカルアートチューリップの


体験会でした。

予定は2時間半でしたので

シンプルな形のチューリップにしました。



IMG_2850-1.jpg
このチューリップです。

大きくてかわいらしい色。

ピンクのようであり朱色のようであり

春風に揺られて、花々が触れあい

にぎやかな

子どもたちの声が聞こえてきそうな

何やら心安らぐ景観でした。

心癒されるチューリップでした。



IMG_9622-2.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今我が家で咲いているのは

ブルーベリーの花。

ラビットアイ(ウサギの目)という名前。

成熟した実の色は
よくある藍色なんですが
熟す前の実がウサギの目のように赤いため
そう名付けられたようです。

スズランのような可愛い花。

でもスズランよりやや小さめです。


ブルーベリーは違ううタイプの木と

一緒に植えるとよく実がなるそうなので、

我が家も違う種類の苗を2本並べています。


ラビットアイの方は

多くのの花を咲かせてくれたのですが

一緒に買ってきまた

シャインブルーの方は

さっぱりです。




おかしいな~と思い


よく見てみたら・・・


シャインブルーの方は根元に

びっしりゼニゴケが生えていて

もしかしたらこれが原因かもしれないと思い

先日綺麗に取り除いてやりました。


ゼニゴケが生えていると

空気が遮断され

地面が呼吸できないそうです。

ブルーベリーの観察も続けますね。



もうすぐレモンの花も咲きそうですよ。



我が家は

春の花でいっぱいです。
(^-^)


今日も訪問有難うございました。


IMG_9730 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今年も咲いてくれました。

白い牡丹。



なんて美しい白色なんでしょう。

薔薇とも違う、

チューリップとも違う、

花びらの厚みと大きさが

白の色を

際立たせています。




昨年は鉢植えのままでしたが
秋に地面に植えたところ
蕾も大きく、
花もひとまわり大きいように感じます。

嬉しいです。
私のアトリエから窓を開けると
丁度見える庭の奥に植えました。

西日が当たらないように
植える場所も選んで。

2,3、日前から

蕾の状態を確認して

まだ咲いていないね。

もう明日かしら・・・と

開花を待ちわびていました。



今年つぼみを付けているのは
白以外にピンクと、藤色。

楽しみです。

咲き始めたら

また

ブログにアップしますね。

IMG_8745 - コピー
アメリカに滞在していたので

今年は桜を見れませんでした。

けれど丁度現地では

桜によく似た白い花が満開でした。

枝振りが桜と少し違いますが

桜に似ていて

観賞用の赤い実がなるそうです。

(食べられない)

私が滞在している10日ばかりの間に

花びらが散ると若葉色の葉がめぶき

白かった木は黄緑色に

変化していきました。

IMG_9339-1.jpg

この赤い鳥、カーディナルというそうです。

欧米のカードなどに

よく描かれている鳥なんですが

ここで会えるとは思ってもいませんでした。

IMG_9339-2.jpg
拡大すると・・・

IMG_9191 - コピー-1

美しいサンセットタイム。

思わずシャッターを切りました。

IMG_9427.jpg

SPA,スパと読むそうなのですが
行きのダラスでも帰りのシカゴでも
空港内、しかも搭乗口近くに
このSPAというお店が有りました。

4年前に訪れた時はなかったので、
気になり近づいてみると
どうやらレラクリゼーションのよう。

SPAと書いてあるので始め
サウナかな?と思いましたが

所謂、マッサージ、
レラクリゼーションとネイルのお店の様でした。

日本でも今レラクリゼーションは人気ですが
アメリカでもとても多くの店舗が有るそうです。

世界中の人が疲れているのでしょうか?



全身をソフトタッチでもみほぐし
リラックスしたい方のための
スウェーデン式と
指圧のように
力をかけるタイプと2種類ありました。

20分で45ドルくらい。
5000円くらいですね。
空港内ですから少し割高かもしれません。

台湾式、英国式マッサージは
日本でもよく聞きますが
スウェーデン式というのもあるんですね・・・

忙しそうに空港内を急ぎ足で歩く人々と、
店内で、もみほぐされリラックスしている人々。

けっこう繁盛している様子でした。


空港での乗り継ぎは3時間ほどもあるので
いいかも・・と思いました。

写真のSPAの店長らしき人が
なぜ手を振っているか・・

かなり遠くから撮影したので
全く私は気づいていませんでしたが、
カメラを下すと
彼がもっと大きく両手を頭上高く振って
私に『ありがとう』といっていました。

SPAのビジネス、

成功するといいですね・・





IMG_9434.jpg

最後は有名な分厚い
シカゴスタイルのビザを
昼食にして

帰国。



IMG_8795 - コピー
引き続きアメリカ インディアナ州での写真を
ご紹介いたします。

始め数日はホテル住まいでした。

街にはホテルや店舗以外に
個人宅も多くありました。

この町は古い町で、

今もクラッシクな景観を

大切にしている様子でした。

上の写真は宿泊したホテル。

IMG_8881 - コピー

この町の建物の特徴は

白いサイディングディングまたは
レンガの壁。

玄関にはご覧のように

柱が有って

屋根が付いたポーチになっているタイプ。

ポーチにはブランコや

イスなどがたいてい置いてあって

夕方になるとそこでくつろいでいる

方もみえました。

左に横向きになっているのが

大きなブランコ。

aaカーティナー
上の写真はポーチ。


IMG_8820 - コピー

こちら夕方。
個人宅。

ホント可愛らしい家ですね。

こういうタイプの家が
今も普通に存在しているとは
知りませんでした。

テレビで見るアメリカは
もっと都会的な感じばかりが
強調されていますから。

テーマパークに来ているような

住宅展示場に来ているような

素敵な景観の家が

沢山見られました。



IMG_8822 - コピー

こんなゴージャスな家も
ありました。

IMG_8894 - コピー

ホテルの中も

クラッシックで

とっても可愛らしかったです。

IMG_8666.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

アメリカ、インディアナ州にて。

しばらく このような、
のどかな景色のもとで
仕事をしていました。

米国の方々との仕事は
英語なので
行きの飛行機の中でも
手荷物に入れた英語の本を取りだし
復習したり
まるで受験生のような旅でしたが
現地に到着すると
美しい景色に魅了され
とても感動致しました。
IMG_8665.jpg

無事任務を終え帰国しました。
季節は日本の関東圏と同じくらいで
服装もあまり違わず過ごしやすかったです。

米国での写真も
また、紹介していきたいと思っています。

帰りの飛行機では
映画など楽しみました。

今日も訪問有難うございました。