FC2ブログ

2015年アクリル画 我が家で咲く牡丹のつぼみ
aabotann6キャプチャ
絵で心癒されるんの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今年は牡丹の苗を4鉢も購入し
また、有名な牡丹園も訪問したりして
沢山の牡丹の花の写真を撮たのですが
作品として描いたのは
結局自宅で毎年咲く牡丹にしました。

以前は咲き始めた花を見て
その年初めて
そこに牡丹が植えてあることを
思い出すような・・・
情けない関心度だったのですが
ボタニカルアートを描くようになり
すっかり変わってしまいました。

今年、作品として描きたかったので
昨年はつぼみから種が割れて出て
落葉するまで
約半年間ほど観察を続けたのでした。

ですから今年春には偶然教えていただいた
牡丹園の沢山の種類の牡丹を見る
機会にも恵まれたのですが
やはり絵にするなら
親しみもわいてきた観察し続けた花を
描いてきたいと思ったのでした。

牡丹は色々な点で
興味深いです。

大きな球体のつぼみは
遊牧民?インディアン?のテントのような
とがったがくに包まれていて
つぼみを描くだけでも
十分立体の勉強になります。

下のパレットは葉を描こうと思って準備したもの。
大抵今日は葉だけ、今日は花だけ・・というように
少しづつ描き進めていくので
パレットには本当に少しの色を出すだけで良いのです。

この少量の絵具で4時間くらい描けます。
シアージュペインティングのテクニックですと
今まで皆様が使い慣れたアメリカーナや
セラムコートのアクリル絵具で
こんなにも少量の絵具で長時間絵が描けちゃうんです。
IMG_1890-1.jpg
次回から牡丹の特徴について
お話ししていこうと思っています。
今日も読んでいただきまして有難うございました。
スポンサーサイト



IMG_1559 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

下呂でみつけたクリの木。

以前、クリひろいに行ったときは
沢山の観光客に既に取られた後で
しかも木がどれも背が高くて
ずっと上を向いて実を捜して歩いたのですが
なかなか見つけられませんでした。

けれど下呂でみつけた木は
木自体が若く、低い位置で
たくさんなっていました。

中に入っている実がどれも大きくて
色も艶が有り美味しそうでした。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

IMG_1420-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日、ブルーベリー狩りに行ってきました。
8月中でしたら愛知県内でも
ブルーベリー狩りのできる農園があったのですが
今は、岐阜でさへここ田上農園だけでした。

ラビットアイという品種だそうで
ウサギの目のように赤い実が
熟して紺色になるそうです。

紺色の実の中に
赤やオレンジの小さな実が混ざっていると
綺麗ですね。

絵にするなら少し赤い実が入っている方が
ステキになるかも…なんて思いながら
写真を撮りました。

木によって実の甘さが違うようです。

好天に恵まれ
既に9月中旬とは思えないほど
日差しが強かったのですが
帰り道、クリがたわわに実った場所を見つけました。
やはり秋なんですね(^-^)。

読書に勤しんだり、
美術館を訪れたり
知識を深め、感性を磨く機会の多い秋は
ある意味充電の季節とも言えるのではないでしょうか。。

皆様も、素敵な秋を
体験、体感下さい・・・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。


460-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日庭の手入れをしていましたら
小学生が帰り道のようで
我が家に面している道路を通りながら
話しているのが聞こえてきました。

『2番だっていいんだ』
『大切なのは心が一番だっていうこと』

頑張ったのに2番だったのかしら・・・?
一番を取れなかったけど
精一杯頑張った心は誰にも負けなかった・・・

悔しくてそんなことを友達に言ってるのか?
それとも2番だったことに
がっかりしている友を励ますために
言った言葉だったのか?

どちらかわかりませんでしたが
外で庭仕事をしていたおかげで良い話が聞けました。

そうです。
一番でなくても
精一杯頑張ること
一生懸命になること

それこそ真に価値があることだと思う。

運動会の練習をしていたようでしたから
きっと悔しかったんだね。

子どもたちが
健やかに成長することを
心より、願う・・・

垣根の向こう側にいる私には
気づいていない様子でした・・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。


IMG_3850-2.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

ボタニカルアートを描き始める以前から
ときどき花の絵を描いているときに
あれ?めしべって
どんな形だっだかしら・・・と
思うことがありました。

それで最近は花芯の部分もしっかり
写真におさめておくようにしているんですが
咲き始めと終わりでは変化するんですね。
また牡丹の花芯を見ていると
色鮮やかでオシャレです。
我が家の牡丹4種類のおしべめしべをご紹介したします。

IMG_3698 - コピー
ピンク咲き始め

IMG_3971-1 - コピー
終わりごろ

IMG_4102 - コピー
黄色咲き始め

IMG_4603-1 - コピー
黄色その後

IMG_4869 - コピー
白終わりごろ

おしべのえの色まで綺麗な色ですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
美術ブログの静物、植物画、アクリル画、創作活動日記の
ランキングに参加しています。
私のランキングが見れ、またランク向上に繋がります。
上の小さい写真をぽちっと一回クリックお願い致します。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

昨日の我が家のキキョウ。
IMG_1141 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日やっと開花した我が家のキキョウ。
色が濃いですね。

最初の一輪だから・・

バラでもその季節に咲く一番始めの一輪は
色も鮮やかで濃く、形も美しい。

この時期に初めて開花したキキョウって?
実を言いますとこのキキョウは
7月中旬に鉢植えで買ってきたものでした。
たくさんつぼみを付けていて
園芸店でみつけた時
『こんなにつぼみが付いているんだから
 次から次へと花が開花し、枯れても
  絵を描き終わるまで
    きっと咲き続けてくれるだろう』と思い
見た瞬間に買うことを決めていた花でした。

けれど、室内に持ち込まれ
私の机の上で観察されながら
段々と弱っていきました。
葉の色が変になって
花も次第に小さくなって・・・

2日に一度は1日じゅう外に出して
光合成のための日光浴もさせていたんですが
真夏でしたから日中どうしても
冷房をかけずにはいられず、
冷気が直接当たらないように、
そして部屋の温度が下がり過ぎないように
扉や窓を開け、
また時にはアトリエにはエアコンをかけず
別の部屋からやんわりと冷気が入ってくるようにと
いろいろと工夫したのですが
ついに枯れてしまいました。

絵を描くために枯らせてしまったキキョウに
申し訳ない思いで一杯でした。
葉は全て枯れ、残ったのは
丈5ミリくらいの土から出ている茎でした。

諦めきれず鉢植えを外に出してからも
毎日水やりを続けました。

けれど残っていた茎も遂には枯れたのでした。
・・・・

ところが数日して
何もないはずの土の中から
小さな小さな黄緑色の物が
姿を現したのでした。

感動でした。
とても嬉しかった・・・

キキョウを買ってきたときは既に成長し
沢山の横からの芽や
つぼみを付けていた状態だったのですが、
今度は双葉やそこからつぼみや横芽が
どのように成長していくのかも
観察することができました。

そして約1か月経過し
昨日新たに芽を出し成長したキキョウが
最初の1輪を咲かせたのでした。

つぼみのときから色も濃く、
大きさもひとまわり大きめで
金柑の実くらい有りました。

物凄く大きいですよね・・・

再び咲いてくれて有難う・・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。


aaひげ

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日のセミナーでは
独特の特徴にも触れました。

ジャーマンアイリスと言へば
このひげ.

IMG_1371 - コピーー
そしてひらひらした花びらto
めしべおしべ、旗弁。

aaジャーマン茎

そして葉や茎は
チューリップのように表面には
僅かに白っぽいものが付いていて
手で触るとそこだけ跡が残ります。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

IMG_4184-1 - コピー-1
今回モデルとなったのは
この花です。

何度も行き来した道に
咲いていました。
なぜ今まで気が付かなかったのだろうか?
と不思議なくらい沢山咲いていました。
IMG_1498.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

明日はジャーマンアイリスのセミナー。
一輪の花ですが
上部は淡い色、
下部は濃い色
そして何といっても
立体感の表現、
つぼみ、咲き終わった花、
盛りだくさんの内容になっています。

参加者の皆様にとって楽しく
そして学び多き内容でありますように・・・
そんなことを思いながら
インストラクションの作成を行っています。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

アクリル画
aakiキャプチャ

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

一見グレーにしか見えない
特徴が全くなさそうな木の幹・・・

こういうものを描くのが
技術力。

でこぼこしていたり、
特徴がはっきりしている木の幹は
案外簡単なのですが・・・

いつもの3倍ほど時間をかけて
描きました。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

2015年アクリル画
IMG_0667 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

私と同じくボタニカルアートを
されている方と話をしていましたら
こんなことを仰っていました。

庭で咲く、長年見慣れた花、
ゆっくり時間をかけて何となく眺めてきた
そういう花を
いつか描いてみたい・・・
そう思って何年も過ぎて
そして・・・
描き始める。

本来ボタニカルアートとは
そのように身近な場所で咲き
心を和ませてくれる
可愛い花たち
草木を
描くことが
一番の楽しみ方なのだそうです。

私も常々そう感じていましたから
心から共感致しました。

この椿も我が家で毎年咲く
可愛い花なのです。

先日葉の形を確かめるために
庭の少し奥にあるその木の所へ行きました。
すると花が咲くのは春ですが
もう固い直径1㎝ほどのつぼみを
いくつも付けていました。

9か月も前からつぼみの状態でじっと待つんですね。
夏だというのに来春を待つつぼみ・・・
愛おしさが込上げてきました。

今日も読んでいただきまして有難うございました。