FC2ブログ

DH000053 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

何度行ってもまた、訪れたくなる場所。
そんな場所ってあるんですね。
写真は前々回ここを訪れたときのもの。
そこを訪れて何をしたいの?と尋ねられたら
『 散策 』と答えたくなるような
白馬と言っても少し奥まったところにあるのですが
寒いはずの雪の降る中
そこはいつ訪れても温かいのです。
DH000058 - コピー
温かいとは温かいもてなしのこと。
そして温かな空間。
いつも同じ宿に宿泊するということも
とてもいいことですよ!

愛着や懐かしさ、
以前訪れた時の思い出。
この頃は、家族のとれる連休が冬から春が多く、
美しい新緑を見られないのがもったいないです。
木の葉のようなクワガタがいたり
自然のいっぱい残っている場所だから・・

少し暖かくなったこの時期に
白馬ではまだ氷上で楽しむ場所もあるそうです。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
スポンサーサイト



402 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日自転車で、出かけた帰り道
タイヤの空気が少ないことに気が付き
引いて帰りました。
パンクしているわけではなさそうでしたが
乗って帰るとチューブがいたみそうだったので。

いつもは周りの景色を
眺める心のゆとりもなく通り過ぎる街並み。
ゆっくり見ながら自転車を引いて歩いていたら
遠回りしたくなりました。

なぜなら・・・ご近所の塀から顔を出していた
花に気づいたから。
『こんなところに私が捜していた椿が・・・』
素敵な発見をしてしまったからです。
とっても得した気分でした。

他にも何かあるかな?
なんて思ったものですから
遠回りしたくなったんです。・・
忙しい毎日ですが
このようなひと時は
本当に癒されます。
1391 - コピー
我が家の牡丹は今、この状態です。
島大臣という名の大輪の花を咲かせます。
根元をふかふかにしてやると良いそうです。
肥料も与えました!

春はもうすぐ(^-^)
今日も読んでいただきまして有難うございました。



IMG_9322-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

セミナーの絵にするには
今一つ華やかさのない小菊ですが
庭に咲く
このかわいらしい花たちを見ていますと
とても愛おしくかんじます。
不思議です・・

上を向いたり下を向いたり、
右を向いたり左を向いたり
好き勝手な向きを向いているのは
幼稚園の参観日のよう。
花弁の様子も
くしゃくしゃの髪の
少年のようであったり
笑顔の少女のようであったり
個性豊かで可愛らしい・・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。

IMG_9949.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今日はお問い合わせの内容について
お話します。
『スポンジローラーの洗い方。』

実は以前私は
刷毛、スポンジ、筆の汚れを落とす
最も良い方法はどれか?
ということについてとても興味がありまして
それはスポーツにしても、
音楽にしても絵にしても
まずは道具を大切に!といいますが
特に絵の場合、
筆や刷毛の状態が良いことが
作品制作にとても影響を与えるからでした。
コンディションの良い筆で描けば
より美しい作品が出来上がります。

それで機会があれば
筆洗い液や絵具の落とし方について
先生方、先輩、仲間に
お尋ねしてきました。

皆様ご自身の実行されている方法を
伝授して下さったのですが
それから数年後、
私が最も良いと思う方法は
意外なことに私の生徒から
教えていただくということに。

色々と試した結果一番手軽で、
かつ一番よく汚れが落ちる、
しかもスポンジローラー内の
残留絵具がほとんどないため
新品に近い良好な状態で長く使える
という結果を出しています。

スポンジローラーや海綿の汚れを
きれいに落とすとはどういうことかを
まず考えてみましょう。

絵具の色素つまり顔料の部分を
取り除けても糊成分が
スポンジの中に残っていますと
見た目は綺麗であっても
(大抵そういう場合見た目も
キレイでなく若干の色が
スポンジの中に残っているのですが)
次回使うときにスポンジが固くなっていて
良いコンディッションでなくなっています。
ですからスポンジの汚れを落とすとは
顔料とそれ以外の成分全てを
きれいに取り除くということ
だとご理解ください。

IMG_9955.jpg

スポンジローラー、海綿、スポンジに
付いたアクリル絵の具をきれいに落とす方法。

IMG_9950.jpg

一番のポイントはここです。
絵具が付着した状態のスポンジを
水洗いする前にすぐ
正確には水をかけたり、
浸したりしてはいけない)

台所用洗剤(ママレモンのような液体)を
直接スポンジ部分に垂らします。

hpスポンジ洗う
②スポンジローラーのスポンジ部分を
手の平の中に入れてよくモミます。
何度も繰り返しモミます。
絵具が浮き上がってきます。

IMG_9953.jpg
ここで初めて水を使います。
水道の蛇口の下で先ほど絵具を
手の平の中に入れてもんだように
何度も泡が出なくなるまで
モミながら洗い流します。


④手でスポンジ部分を握って水切るした後
いらないタオルで包んで再度握って
スポンジの中の水分を絞り出します。
確実に水分を絞り出したい場合は
最後にキッチンペーパーなどで
包んで握って絞り出すことをお勧めします。

⑤ビンに立てて自然乾燥。

なぜ水を始めに付けないことが良いのが?
事実として目の前で立証されていましても
なぜか?という点がやはり気になりましたので、
絵具関係の専門のメーカー様にお尋ねしました。

メーカー様回答
アクリル絵具の中には大抵
色素{顔料)以外に、
乾きやすくするための成分や
糊の役割をする成分が
水分と一緒に入っていて
始めに水洗いしてしまうと
絵具の中の水分だけが洗い流され、
残った絵具や糊にあたる成分だけが
スポンジの中に残り、その後は
洗い流しにくくなってしまう。
始めから洗剤のみをかけてモミますと
糊や速乾という『くっつく、粘着』の成分を
洗剤が中和し、上記の性質をなくしてしまうので
その後水で洗った場合綺麗に
絵具の色素も落ちるそうです。

この内容は専門的な用語を使わず
わかり易い言葉で私に説明して下さった
メーカー様の言葉そのままです。

筆も道具も良好な状態であることが
作品制作には欠かせません!
絵を描く楽しさが広がりますように(^-^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ぽちっと、お願い致します~

今日も読んでいただきまして有難うございました。

hpsdpカレンダ - コピー

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

明日はバレンタインデーですね。
パートナーや、家族、友人に
チョコをプレゼントして、ほっとな一日を
お過ごしください・・・
私も、家族にプレゼントします(^-^)V

来年の全米SDP2016カレンダーが
5月に販売開始になりますが
昨年は、米国でのカンファレンス
1日目に完売だったそうです。
このカレンダーは
米国カンザス州International Museum of SDPに
永久保存されているコレクションの中から
選ばれた12作品から成るもので、
今年も日本人が12か月中の2か月、
つまり2名が選ばれました。

とても光栄なことですが
ミュージアムに永久保存されている
シアージュペインティング技法で
描いた私の2作品の内の1つが
10月のカレンダーに。
アメリカからの突然の電話で知り
本当に驚きました。

カレンダーは限定品ですから
ご希望の方はお早めに
米国SDP協会に直接お申込みいただくか
ブログ右下のコメント欄から
ご連絡ください。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
   

2015アクリル画
IMG_9905 - コピー  IMG_9906.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

我が家のピンクローズ。

左の写真は
開い状態のがくと
花びらを覆うように、まだ
一緒にくっついている状態のがくが
残っているつぼみ。
さあ、今から 『開花宣言』します!
と言っているようで
小さなつぼみなのに
生命感が溢れていて
躍動感さえも感じられます。

右のつぼみたちは
3つ並んでいて燭台のような形で
とんがり帽子の固いつぼみ。
どちらも同じ花のつぼみです。

つぼみを見ながら
今か今かと開花を待ちわびるのも
描きながらもう少しで完成…と思うのも
楽しいひと時です。

今日も読んでいただきまして有難うございました。


絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

アクリル絵具用のある海外の筆を使うたび
この筆に勝る筆はないと思う一本があります。
私は国産品をできれば応援したい方なので、
全く同じ筆が国内で生産できたら
いいのにとおもいます。
国内で同じ筆を作ってみようと
試みたメーカー様がいくつかあります。

その中のあるメーカー様の商品が
かなり完成度が高く、私の使う約7割ほどは
その一本はそのメーカーで購入しています。
年間20本以上買いますが
まだ、今一つ海外のその筆に
及ばない点があるのです。
(もちろんそれ以外にも
たくさんの種類の筆を使っています)

なぜ、いくつものメーカーが
そのたった一本の筆を作ろうとして
満足のいく商品にたどり着けないのか?と
不思議でなりませんでした。
そこであることに気が付きました。
筆を作る人、
開発する業務に携わっていいる方々が、
絵を描くことが好きでない場合、
腰のありなし、持った感じ、
絵の具の含み具合耐久性など、
そのようなちょっとした感覚的な部分や
その筆が他のどれよりも
優れているのはどの点なのか
気が付かないのではないかと思います。

イスの場合、見た目が似たデザインであっても
すわり心地が全く違っていたりするように
筆も見た目がよく似ていたらいい・・・
というものでは決してないのです。

ですからピアノの調律師が
ピアノを少しだけでも演奏できるように
筆を作る職人、開発に携わる方も
絵を是非描いて欲しいと思います。
なかなか簡単な事ではないと思うのですが
国産品でその筆のクオリティーを
超える物ができたらどんなに嬉しいだろうか・・
日本人の技術力の高さと
物創りへの情熱は世界屈指です。

きっとできるはずなのに。

弘法は筆を選ばずと申しますが
繊細な絵を描く人にとっては
筆はとても大切だから・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。

可愛いクリスマスローズ
IMG_9318-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

立春。
二十四節季の中でも
特に人々に親しまれているのが
立春なのでは。
あ~もう春~(^-^)♪

一年で一番寒い時期に
春を告げられると元気が出ますね。
寒いけど頑張ろう!という気持ちになります。

この季節今年も
庭でクリスマスローズが
咲き始めています。
我が家の花は白と赤紫の2種類です。
白い方は本当に清楚で
見ていて清々しいのですが
クリスマスローズの葉は
花の小さく下を向いて咲く
控えめな姿からは
想像もつかないような大胆な形で
しかもとても固いです。
ヒイラギより固い・・・
花の上から大きく被さった葉が
もっと小さかったら
もっと花がよく見えるのに。
もっとしっかり花を観察できるのに・・・
と思います。

毎年忘れずに咲いてくれて嬉しいです。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

IMG_9628-2.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

描きたい絵を描く・・・

今年初めての絵はそんな絵でした。
私はこれを描きたいと思ってから
実際に描き始めるまでに
何年も心の中で温めていることが多くて
今年こそ描こうと思いながら
また1年経ってしまったなんてことがよくあります。

自分自身も学びながら、
また指導という立場に立ちながら
それでも隙間の時間をみつけて
描きたい絵を完成させれたらと思っています。

今回は砂利も描いたんです!
絵の中に必要で入れたんですが
これまで砂利を描こうと思ったことは
一度も有りませんでした。
見慣れた物って質感が大切で
一目で腕前がわかってしまうから
気が抜けません。
私にとってはちょっとした挑戦で
私に描けるだろうか?の次元でした(汗

なぜって砂利ってたくさん描く必要があって
一見同じようなものの集まりなのに
よく見ると色んな形、色んな色、色んな方向をむいていて
でも河原の岩ではなく
パッと見た時、直ぐ
『砂利だ』って印象付けられなくてはならないんですもの。

もっと手を加えて砂利らしくしたいと思っていますが・・
IMG_9628 - コピー
ザクザク感、ざらざら感、じゃらじゃら感、
粒つぶ感、重なり感もプラスしなくては・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。i