FC2ブログ

hp山茶花6キャプチャ
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

山茶花の葉を描きながら思うこと。

今まで葉や茎には
方向性や生命線など
動きを感じてきましたが
表情もあるのだと気づきました。

『こんにちは』、と
こちらを向いて微笑んでいるよう。

IMG_9384-1.jpg
つぼみだけの時は、
ただそこに存在しているだけ。
けれど葉が一緒だと表情が出る・・
意外な発見でした。
私たちは、たいてい
花の美しさにばかり関心があって
表情の豊かさは
花が美しいからだと思っていますが
葉という名わき役の力もあったんですね。

今日も読んでいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



油絵2015
IMG_9384-1.jpg
IMG_9379.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨年も、一昨年も描きたかった山茶花。
12月から3月まで
一年の約1/4~1/3という長きに渡って
寒い冬に庭に彩りを添えてくれる花。

あの花も描きたい
この花も描きたい・・・の私ですが
新年最初の花は山茶花にしました。

山茶花の固い葉の質感や
つぼみのころんとした形状
くしゃくしゃの花芯近くの花びらを
じっくり観察して描いています。
今回は油絵具で画材店でみつけた
新しい色も使って。

山茶花の赤は赤いポインセチアに似ていて
レッドオレンジファミリーから
レッドバイオレットファミリーまで
いくつもの色相をまたいでいて
レッドもクールなもの
ウォームなものと言う具合に
計5種類以上の赤を含む色が見られます。

明度の差は本当は20段階以上にも分けられるそうですが
私たち人間が識別できるのはせいぜい15くらいまで?
それと同じように色彩も目て感じて識別できる以上に
実際には多くて今回もきっと
5種類以上の色相が含まれていると思います。
パレットに少しずつ絵具を何種類も並べって
パレットショッピング

山茶花の咲く様子をどの色を使ったら
より美しく
くもりのないピュアな色彩で描けるかしら?
近づけるかしら・・・
そして写真ではなく
絵としての心で描く部分を
描き加えることができたらいいのに。

試して、しっくりこなかったら
また試して。それを
完成まで幾度となく繰り返しながら
仕上げていく。
いい絵になりますように・・・

今日も読んでいただきましてありがとうございました。



昨日の庭
IMG_9364.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

大寒ですね。

我が家の冬の特等席は
ここかな・・・

ここに座らなくても
眺めているだけで
ポカポカ感が・・

庭は一面枯れた芝生の色ですが
最近はそれも我が家の冬景色として
認めることができるようになりました。

以前は枯れた色が好きではなくて
目立つ黄色の花を
冬になるとたくさん植えていました。
今でも黄色の花が好きですが
冬は冬の色として
白い雪のような美しさとは違いますが
枯れ色をありのままの姿という
なぜか安心できる色として
心地よく感じるようになりました。

庭はほとんど休眠中。
昆虫も植物も。
春まで充電期間

今日も読んでいただきまして有難うございました。

アクリル画
hp苺10
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

ボタニカルアートを描いていて
あることに気が付きました。

以前描いたことのある植物でも
描くたびに違う発見がある・・・
そうです、とても新鮮な感覚。

庭で毎年咲く木の花であっても
全く同じ形の花は一輪もないし
時々変な形の葉をみつけたり、
前年の与えた肥料の量や
気温、雨の量によっても
花の大きさや色に違いが見られます。
また、新たに知った事実が有ることも。

時間という点から考えても
植物というものは
決して同じ状態で存在しません。
その時の美しさをそこに
そのまま留めておくことはできない・・
だから観察しながら描くときは
急いで描きます。

絵を描こうと思って
枝から切り取った花は
花屋で買った花と違いしばらくすると
花弁に元気がなくなります。

オランダの古い絵画の花が
なんとなくしおれ気味に見えるを
不思議に思っていましたが
私でさへ、みるみる花弁がしおれて
だらりとする姿にははかなさを感じますから
宗教的意味合いと重ねて描くようになったということも
頷けます。
一番大事な花を描いているうちに
きっと他の花は元気がなくなっていくでしょうから。

生きた花を描くということは
その一瞬を捉えることでもあるんですね。

植物…というより
自然からのすべての恵は、
空や季節、そして植物でありチョウや鳥も
私たちのいつもの生活に
気づきの場を与えてくれている
天からの贈り物。
存在していることが当たり前だから
些細な変化に私たちは
立ち止まって気づくことも稀ですが、
絵を通じて小さな花にも関心を寄せる機会があることに
感謝。

今日も読んでいただきまして有難うございました。



アクリル画
hp 苺5
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

苺が店頭に並ぶ季節、我が家でも
昨年園芸店で購入したイチゴの苗に
実がなっています。

2種類買いましたが
なっているのは一種類のみ。
買ってきてすぐに花が咲きました。
それで嬉しくていちごの実を描いてみました。

上から見たイチゴもいいですね~。
ヘタの部分がドレスのスカートのよう・・・
少し上に反りかえっている感じがいいわ!
舞踏会で軽やかに踊っている淑女達を
少し高い階段の上から眺めている気分。

そんなことをあれやこれやと考えながら
絵を描くって本当に楽しいな~っと
思う私でした(^-^)

今日も読んでいただきまして有難うございました。

油絵。 生徒の方が愛犬を描かれました
hpチロル2
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。
昨日の自宅教室の生徒の方の作品が
とても素敵でしたのでご紹介します。
愛犬チロル君だそうです。

hpチロル
月1回のレッスンで少しづつ描き進めた作品。
チロルの表情がとても上手く表現できていますね。
この子がかわいい・・・彼女のそんな気持ちが
絵の中に込められているのが伝わってきます。
愛着のあるものを描くことの素晴らしさですね。

また、不断室内で一緒に暮らしているので
知らず知らずのうちに
よく観察されているのだと思います。
足の骨格、指、肉球など
ホントにリアルです。

頑張りましたね!(^-^)V
あなたの絵を描きたい、上手くなりたいを
応援しています!

今日も読んでいただきまして有難うございました。

ひらひらした大きな葉の特徴。
hp 巨峰9 - コピー

繊細な実の質感、立体感
hp巨峰8
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨日の巨峰のセミナーで一番感じたことは
受講者の皆さんがこの10か月の間に
とても上達されたということでした。

毎回熱心に講義に耳を傾け
とても真面目な生徒の方々です。
セミナーを重ねる毎に
彼女たちの成長を見守ってきました。
そして
確実に技術力がアップしている、
上手になったと感じた時
胸の中に嬉しさが
込上げてきました・・・・

そのような素晴らしい瞬間を
体験できましたことに
感謝

皆様の技術のより一層の向上、
素敵な絵を描かれますことを
心より応援しています。

今日も読んでいただけまして有難うございました。


IMG_8574-7.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

ぎっしり実の詰まった巨峰。
水曜日にセミナーを行います。

このセミナーは3月から始まった講座の10回目。
今までよりワンランク上の技術で描いていきます。
この描き方でセミナーをしたことは、
海外国内を問わず初めてです。

皆様楽しみにしていてくださいね!

今日も読んでいただきまして有難うございました。

雪山と空の冷たいブルーがすてき!
DSC09739-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

年賀状に
ご自身の絵の作品を載せている方が
たいへん多いのですが並べてみると
ちょっとしたコレクションになるくらい
見応えのある作品ばかりです。

皆さんの素晴らしい作品を拝見し、
こんなにいい作品を描かれたんだ~
と、うっとりしながら
お茶などいただいています(^-^)
年末に美味しいコーヒーをみつけまして
買って帰りました。
私はコーヒーが大好きです!

今日も読んでいただきまして有難うございました。

_DSC0425 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

年賀状や、メール、電話など
新年の挨拶をいただき有難うございました。

今年は正月から雪景色でした。
子供の頃は、かまくらを作りたいのに
愛知県ではめったに雪らしい雪が降らないので
雪国に憧れたりもしましたが
屋根の雪下ろしや駐車場の雪かきなど
私たちの想像以上に雪の多い地方は
冬は気が気ではないようです。

絵を描くようになって
いつか雪景色を描いてみたいと
思うようになりました。
雪の写真は旅先や庭に雪が降った時に
いつかのためにたくさん撮ってあるのですが
今はまず、・・まだ花や静物画を
追求していきたいと思っています。
私はいつも、少しづつ前進・・・。
一気に走ってではなく一歩一歩です。

今日から本格的にエンジン始動ですね。
メーカー様の初売りなど
絵の業界を含め、日本のあらゆる業界
あらゆる企業の発展を願い
元気な日本をこれからも
応援していきたいと思っています。
私は私の美しい国が好きだから。

絵を通じてしか私は誰かの役にたてませんが
自分に出来ることから始めようと思っています。

今日も読んでいただきまして有難うございました。