FC2ブログ

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

4つ目の補足。

この色でこのモチーフを描きたいという
想いが強いのか?
絵全体の雰囲気をこんな感じにしたい
という想いが強いのか?

人がえがくイメージというものは
本当に曖昧なもので

時として上記に上げた2点が
くい違うことがあります。
例えば
イメージしている雰囲気とは別に
『絶対にひまわりを入れたい』
という想いがあって
けれど色と色の組合わせ上
それが合わない時。

りんごなどの場合は、赤や緑、
また切り口はやや黄色がかった白
というように色々な色が選べますが
ひまわりは黄色というのが定番ですから
(たまに変わったものもありますが)
黄色意外には考えにくいです。

自分が何を一番大切に
そして何を優先したいか
じっくり考えてから
描き始めることをお勧めいたします。

曖昧なままスタートしてしまいますと
描いている途中で
イメージと違うものに出来上がっていることが
段々とわかってきて

それが・・・
『最初のイメージと違うけれど
この雰囲気も意外と良いわ』

『あら、こんな雰囲気になるって
新しい発見!』
などというときは良いのですが
そうでない場合もあるからです。

けれどどのような経験も
必ず後々自分の役に立ちます。
未熟な経験と腕の時代に描いた作品も
後から見直せばアルバムをめくるように
懐かしい思い出となりますから・・

そしてそこから出発して
少し上手くなった今の自分の姿に
気が付いた時、

それは、この上なく嬉しい・・
あなたもきっとそう感じるはず・・

あなたの上手くなりたい、
絵を描きたいを応援しています。

今日も読んでいただきまして有難うございました。


IMG_6381.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

明治神宮を参拝してきました。
月曜に近くで用事があり、
昨日行ってみました。

立派な神殿でした。
沢山の観光客がいるのに
そして炎天下で
私たちが参拝で立っている所と
神殿の大きなトビラの間の地面には
強い日差しがさしていましたが
神殿の前だけはひっそりとしていて
心がとても落ちつきました。

行って良かったです。

参拝客のほとんどは海外からの
旅行客の様でした。

写真は神宮の入り口の鳥居の横の
アイスクリーム屋さん。
豆腐アイスを食べたのですが
2週間前のブドウパンの記事の時と同じで
ミンミンゼミがとても元気よく鳴いていました。
『君は2週間前にも鳴いていたね』って、
言いたくなるほどそっくりの鳴き声でした。
そんなはずないけれど・・

セミと言えば
7月夏の始めからみんみんゼミ
アブラゼミ、クマゼミ、9月近くになってヒグラシと
鳴くセミの声が夏の間に変化していくと
記憶していましたが
全部同時に鳴いていました。

新幹線でたった1時間半の距離なのに
関東と東海ではいる昆虫が違うんですね。
自宅では夏中クマゼミ。
夏の終わりに少しヒグラシ。
昨年は9月中旬に
アブラゼミが鳴いていて変でした。

おみくじを引きました。
明治神宮のおみくじは
ちょっと変わっていました。

普通は大吉とか吉ですが
『耳』と書いてありました。

耳という言葉から想像できること・・
そうです。『聴く』ということに関してでした。

世の中には色々情報があり
信じてよいものか?
参考にしてもよいものか?
心を落ち着かせて人の言葉を聞くこと。
(普通はここまでですが、続いていました)
けれど、どんな情報も
いつか役立つことがあるから
やはり人の話に耳を傾けることが
大切ですよ。というものでした。

本当にそのとおりだと思いました。

街でみつけたこと・・
IMG_6384.jpg
メトロの神宮前駅とJRの原宿駅が同じで
変わった階段の手すりを見つけました。
『う~ん・・』
これをいいアイデアと思う人と
両方いると思いました。

また、神宮近くで炎天下の中
人が行列を作っていて驚きました。
尋ねたらポップコーンに
並んでいるとのことでした。
すごいですね。

商売繁盛
素晴らしいことです。

今日は小旅行の話でした。
読んでいただき有難うござました。

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

色を決める7つのこと、4つ目。
イメージを具体化するために
モチーフと背景の色を決める。

イメージという言葉を
何度ととなく使ってきましたが、
ここで1つのポイントとなるのが
この色でこのモチーフを描きたいという
想いが強いのか?
絵全体の雰囲気をこんな感じにしたい
という想いが強いのか?
それがモチーフと背景の色を
決定に導いてい行きます。

赤いリンゴや赤い線を強調したいのであれば
背景の色は赤い色が
きれいに見える色を
持って来なくてはなりません。
キレイに見えるとは、3つめの比較の所で
説明しましたね。

もう一度復習してもよいですね。

けれど花瓶に生けた白い百合と一緒に
さわやかな感じの中に
リンゴを入れたいなら、
青りんご・・・

朝食の青いステッチの入った
テーブルクロスの上に
木製のバターナイフやオレンジと
一緒に並べるなら赤いリンゴ・・

色んなアイデアが浮かんできますね。

今日も読んでいただきまして有難うございました


絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

8月は毎年自宅教室は
お休みにしています。

けれど、一昨日メールが届きました。
『教室がお休みなので、
自主学習しています。』と。
彼女は、友人にプレゼントするための作品を
この8月に自力で描いてみようと
思っているとのこと。

頑張っていますね。
応援しています。!(^-^)V
完成したら、是非写メ送ってくださいね。

また別の方から
作品の途中経過のメールが届きました。
彼女のメールには
『作品がここまでできました』の
途中経過の写真が3枚も添付されていました。

とても嬉しいです。

あなたの、上手くなりたい
絵を描きたいを応援しています!

絵を描くことで繋がる人の輪・・
これからも大切にしていきたいと思います。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

IMG_6345.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。
3つ目・・比較によって選ぶ の続き

もしあなたが一番上のように見える赤で
サクランボを描きたいと思っているとします。
赤い箱でも、赤い線でも描きたいものは
何でもいいのですが・・

それであなたは絵具のチュウブから
一番イメージに近い赤色を
パレットに出しました。
その色を既に塗ってある下地に
置いて描き始めたとします。
IMG_6346.jpg
もし下地がこの茶色だったら
さっき白い紙の上では
あんなにきれいな赤に見えたのに・・

IMG_6348.jpg
もし下地がみどりだったらこう見えます。

IMG_6349.jpg
薄紫の下地なら・・

IMG_6347.jpg
ウルトラマリンブルなら・・

もうおわかりだと思います。
たとえ白い紙の上で綺麗な赤色に見えた色も、
下地の色によって
暗く見えたり鮮やかに見えたり
違う色に見えてしまいます。

ですから自分のイメージした色で描きたいとき
下地の色に載せた時に
どのような発色をするのかが
一番重要になります。
昨日お話ししました彩度と明度の調節によって
自分の選んだ下地の上にのせた時に
自分のイメージした赤に
発色してくれる赤を作るということです。

つまり色を決めるときそれは
隣り合う色と比較し
そこでどう見えるか?
自分のイメージした色に
その色が発色しているか?
がとても大切なのです。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

グレースケール。写真の写り具合で一番左もグレーに見えますが実際には白。
IMG_6344-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

色を決める7つのこと3つ目は
 『比較によって選ぶ』

色を混色して作るときの調節方法として
彩度と明度があります。

これ以外に温度を考えることもありますが
まず大切なポイントは明度と彩度。

この2つを組み合わせて
自分の描きたい色を作り出します。

では、明度について考えてみましょう。
グレースケールを見たことがありますか?
白から黒までを
白+黒で作ったグレーで段階別に
明るさを表示してあります。

人が明るさを言葉で伝えたいとき
グレースケールの5の明度と言うと
それを聞いた人は
だいたい白と黒との
中間くらいの明るさかな?と
想像できるので
説明などにはわかり易いものさしです。
IMG_6343.jpg
グレーだけで描いた立体。
(高い位置の右光源)

そして彩度。
彩度というのは
鮮やかさ、鈍さを表す言葉です。
1回目で身の周りの物の色につて
考えてみましょうと宿題を出しましたが
通常絵具のチュウブから出したものは
最も彩度が高く鮮やかで、
そこに色々な色を加えて
混色すればするほど
彩度は低く鈍い色になっていきます。

ですから
何十何百種類もの彩度の違う色を
作れることは想像できると思います。
色んな色を混ぜていけばいいわけですから。

そうしますと
彩度を調節した色と明度を
掛け合わせてできる色が
どれだけ多いかわかります。

例えば赤というファミリーの色で考えましょう。
100この種類の赤の色があったとします。
よく口紅などの広告に
色んな赤色が並べてあるのを
思い出してください。
あんな感じです。

あなたは
自分が描きたい赤を
その中からどうやって選びますか?

何を基準に色を選んだら
一番自分のイメージした絵になるでしょうか・

長くなりそうなので続きはまた明日。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

以前撮った写真から・・涼しそう
IMG_4243-1.jpg
絵で心癒されるの勝倉です
今日も訪問有難うございます。

色を決める7つのこと・・2つ目。
イメージした色を
バックグラウンドに持ってきたいときは
イメージよりも少し彩度を落とした方が良い。
    ~ 過去の経験から学んだこと

絵を描き始めるとき、まず
中に描くモチーフのことを考えるより先に
周りつまり周囲を何色にしようか?
と考えると思います。

昨日自分のイメージした色が
現実世界に存在するものと違っていても
その色で描きたいのであれば
その色で描くことをお勧めします
という話をしました。

唯、イメージというのは
どこかで見た過去の記憶の中から
引っ張り出されていことが多くて
断片的であり、時にあいまいです。

以前印象の良かった絵の中に
描かれていたある一部分の
美しい新緑の木々の葉の色を
思い出したとします。

『あ~綺麗な黄緑色の絵を描きたい・・』

過去に見た絵の黄緑色の部分が
記憶には強く残っていても
決して絵の中の広い範囲で
使われていたとは限りません。

ですからそのイメージのとおりの
色鮮やかな黄緑色を
バックグラウンドに持ってきてしまいますと、
そのバックグラウンドの上に描くモチーフは
もっと鮮やかな色で描かないといけなくなります。
なぜなら周りの色が鮮やかすぎて
それよりもモチーフの色がさえないと
絵の中で沈んで見えてしまうから。

けれどそうすると絵の中の
全てのモチーフが鮮やかすぎて
落ち着かない絵になってしまうかもしれません。

たとえイメージが
鮮やかな色であったとしても
バックグラウンドにその色をもってきたいときは
少し彩度を落とした方がいいでしょう。

彩度を落とした色とは
鮮やかでない色ということです。
別の言葉で置き換えるなら
落ちついた色、
穏やかな色です。

そしてモチーフの色を
綺麗なイメージ通りの色にすれば
絵を見た人にも好印象に映りますよ!

唯、バックグラウンドの色の彩度を落とすと言いますと
ものすごく彩度の低い色をイメージされる方もみえますが
それほど極端にする必要はありません。
少し穏やかにしてみると良いという程度です。

勿論色鮮やかな背景の絵にしたい場合は
そのままでいいですね。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

IMG_4674-1 - コピー

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

色を決める7つのこと・・1つめ。
『色を決めるのは他でもないあなた』

色は道具の一つ。

絵とは
色というものを使って書く物語の様なもの。

そして音楽の世界が
弦楽器、管楽器、木管楽器という種類があって
曲のイメージが楽器の音色に影響されるように

油絵具、水彩絵の具、アクリル絵具など
色々な絵具を表現したい絵に合わせて
選んだりする。

音楽が楽器を使って、
また人の声の発生によって
そして文学が文字を使って表現されるように
色を使って表現する芸術が絵だと思っています。
(勿論色だけでは表現しきれるものではないことは
御承知のとおり・・)

ですから
絵の中における色の役割を考えるとき
すでに先入観のように存在する
私たちの周りに溢れている色と
少し切り離して考えた方が
理解し易いと思います。

絵を描くとき
あなたの好きな色で描くことに
躊躇したりしなくていいと思います。

こんな色で描きたい、
こんなイメージにしたい・・
という気持ちを大切にしてほしいから。

現実とかけ離れていても
気にしない。
あなたの好きな色。

こうしなくてはならないという制約や
自分の見てきたものに縛られることなく
自由な気持ちで始めてほしいと思います。

絵を描く上で、
自由な発想で色を選んでいいということが
とても大切です。

何にも縛られず
誰からの批評も気にせず・・

絵を描くことは人の本能に近いものだから
好きな色で描くこと・・

まず、それが一番大切と思っています。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

自分でデザインして絵を描き始めたころ
イメージしたとうりに作品が出来上らなくて
とてもがっかりしました。

今思うと色の知識が足らなかったんですね。
小、中学校で美術の時間
何をしていたかといいますと
先生から与えられた課題を完成させるために
ひたすら作品制作に時間を費やしていました。

けれどもっと色のことを知っていたら
もっと楽しくもっと良い作品が
作れたのではないかと思います。

当時の私には色をコントロールするという
習慣がありませんでした・・
色を決めるときに何となく
絵具のチューブのどれかにしていました。

それでも他の人に比べると
混色をしながら描いていたので
どうやってその色を作ったの?
とよく尋ねられましたが・・

色の知識というと難しく考えてしまいますが
どうやったらこの色が作れるか?
ということです。

家の中の食器棚の容器のふたや
家具の色、まずは身の周りの物の色が
色の3原色から作られる12色素
あか、青、黄、黄緑、みどり、
オレンジ、赤紫、青紫、紫
イエローオレンジ、レッドオレンジ、
ブルーグリーンに近いきれいな色か

色んな色を混ぜて作った色なのか?
を考えてみましょう。

ヒントは鮮やかと感じる物は
あまり色々なものを混ぜていません。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

ある日の空。
綺麗な水色だと思っていましたが
こうしてカットして色だけをみつめると濃いですね。
流石夏の空。
太陽の眩しさに似合う水色です。
秀美ディズニー 3-1

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

今年の夏は台風が多いですね。
なぜか台風と私のお出かけの日程が
ピッタリ合ってしまっています。

7月中旬のときも
泊りがけの予定を日帰りに変えたり
確かその次も、
そして今回もどんぴっシャリ・・

ただ、台風のお陰で助かっていることもあり
つまり雨がよく降るので
庭の水やりを怠っても花が元気です。
何より芝生が生き生きとします。

同時に草も元気よく芽を出しますから
草の成長を気にしながら
手抜きできる部分は楽して
夏の庭の手入れしてます。

休息も必要ですから・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。