FC2ブログ

136 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

街で見つけた文房具店・・

暑中見舞いが先週届きました。
あ~そうだ、もうすぐシーズン過ぎちゃう・・て
思い出しました。

私は、手紙、葉書を書いて出すのが
好きなんです。

旅先や、絵画の作品展の帰りに
ついつい買ってしまいます。

手紙を出したい人の
顔を思い浮かべながら
選ぶときもあれば、
自分の趣味で選ぶこともあります。

大抵同じ人に何度も出しますから
どの葉書を前回送ったか覚えていませんから
できるだけ違う種類の物を買います。

今まで送った物の中で、
特に気に入っていたものは、
棟方志功展で買った葉書でした。

版画っていいですよね。
自分のお宝として
残しておこうと思ったものまで
誰かに送ってしまいましたので、
もう残っていませんが
弁財天妃の作品が良かった・・

棟方志功の作品に使われている
赤色に魅力を感じます。

あの赤色がいい・・

今日も読んでいただきまして有難うございました。
スポンサーサイト



IMG_5919.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

私は、大のコーヒー好きです。
あまり銘柄にはこだわりませんが
一日に一杯以上必ずいただきます。

コーヒーを飲むととリラックスできますから・・
ですから私の場合
眠気覚ましには全くなりません(笑)。

最近フィルターのカットされている形に
気が付きました。

上の写真の右側のように
しっかりと 『 つまみ 』の形状になっているものから
下の写真のように
わずかにカット面をずらしてあるもの。
IMG_5920.jpg
長年コーヒーを家で沸かして飲んでいますが
1か月ほど前まで全く気が付きませんでした。
以前からそうなっていたのかしら・・?

他にもきっと
色んな切込み型があるのでは・・
と思いました。
そしてこのカットの形で
売れ行きが変わるのかしら・・?

変わるんでしょうね。
きっと。
こんなに細かい部分にまで
工夫がされているんですね。

私個人としては、
下の形状はあと1ミリ下にカットしてほしいです。
毎日使っていて思うのですが
その方がより開けやすいような気がします。

コーヒーは酸味よりコクがある方が好きです。
ブラックでいただくのがが好きです。(^-^)V

今日も読んでいただきまして有難うございました。

庭のかりんの木
IMG_5881.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

昨晩、水やりを忘れてしまい、
朝、急いでやりました。

ところが
朝、庭を見てまわるのも
いいものだと思いました。

夕方に比べ、朝は明るいですね。
今まで気づかなかった
色んなものを発見しました。

まず、写真のかりんの実。
大きくなっていてレモンくらいでしょうか・・
それから山茶花の実から、ヒイラギの藍色の実。
万両の小さな花たち。
IMG_5842.jpg

葉に隠れて見えなかったものばかり。

特にかりんの実。

人も動物も暑い夏を耐え忍んでいますが、
植物も来年のために実を
成長させているんですね。

3月に咲いていた山茶花も
まだ、僅かに緑色を残して
固い実を作っていました。

牡丹の種は
漸く少し割れ始めてきましたよ!
IMG_5867.jpg
ゆっくりゆっくり時間をかけて
実を成熟させるために必要な時期を
じっと暑さの中で耐えているんですね。

秋の涼しさが恋しいですが
暑い暑いと言いながら
夏の暑さを感じて過ごすことも
四季の一つとして
味わい深いです。

私は、日本の気候も、
日本の国も好きです。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

朝から、クマゼミの鳴き声が
とても騒々しいです。

庭のいたるところで
抜け殻を見つけることができます。

先週草取りをしていましたら
草のヒメジオンでも、みつけました。
クマゼミと言えば大きな体で、重たそうですが
草でもその体重に耐えられたんですね~
少し驚きました。

子供の頃に夏休みの自由研究として
夜アブラゼミが成虫になるところを
観察して写真を撮って
画用紙に貼るということをしました。

今でも覚えているのですが
『 ドキっ 』とするほど
生まれたての成虫の羽や体が白く
綺麗でした。

ただ白いのではなく
何となく蛍光色のような綺麗な黄緑色が
うっすらとかっかっていて
神聖さを感じるような白さ。

月明かりに照らされてとても美しかったです。

にぎやかすぎるほどの鳴き声ですが
セミの鳴き声で、朝目覚めて
『あ~もう夏真っ盛り』と感じるのも
私にとっては季節感です。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

IMG_5722-1.jpg

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

キキョウの季節。
我が家の庭で、
白と紫の両方が咲いています。

この季節、庭の花や芝生に
たっぷり水やりが大切な日課になります。

芝生は毎日はしませんが
花は、夕方毎日ですね・・

ついでに咲き終わった花を摘み取りながら
少し話しかけます。

植えるとき、
水やりのとき、
そして季節が終わり地面から抜き取るとき
私は、植物たちに話しかけます。

植物は静止していますが
耳はあります。

綺麗だね。
沢山咲いてくれて有難う。
楽しませてくれて有難う。
沢山咲いてね。

などと話しかけますと、
ただ植えて、無言のまま水やりするときと
花の咲き具合が違いますよ(^-^)V

試してみるといいかも・・

今日も読んでいただきまして有難うございました

IMG_5771.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

玉ねぎや人参、ピーマンやジャガイモを描くと
意外と凝ってしまいます。

特に玉ねぎ。

いつもは
少し汚れたような部分がある玉ねぎの皮は、
あまり触りたくないのですが
絵を描いているときは全く別の感覚でした。

皮の破れ具合が
構図として格好いいように
少し自分で破いてみたりして・・

アトリエの机の上に置いたら
それはいつもの単なる食材ではなく
絵を描く題材として
好奇心いっぱいで見つめてしまいます。

野菜を描いた絵を見て
何となく温もりを感じるのは、皆さん
お母さんの手料理を思い出すからでしょうか・・

追伸
ブログを通してメッセージを下さったあなたへ
私のつたないブログの言葉が
画材店を覗くきっかけ・・になったかも・・と
とても嬉しいです。

私がいつも生徒の方から感じているのは
全ての人は個性の塊であり、
同じ見本を見て描いても、
決して同じ絵には仕上らない。

なぜなら、一人ひとり感じる部分が違っていて
より強調したい部分が違っているから。

私の先生が、繰り返し何度も
私に仰って下さったことは

先生の手本と自分の絵を比べるのではなく、
自分の絵の中で良い感じか・
という視点で見ることが大切ということでした。

全ての人の持つ個性が
芸術の始まりであると私は考えます。

そのような考えに至ることができましたことは
その先生のお陰では・・と思っています。

絵を描くことはとても楽しいこと。
けれど、絵を通して
語り合えたり、
繋がった人の輪が広がっていくことが
もっと楽しく嬉しい・・と感じます。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

2007年しいたけ
IMG_5743.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

身の周りの物を絵に描いてみる・・・

絵を描くとき
私たちは特別素敵なものを描こうと
絵の題材になるものを捜してしまいます。

素敵なものでないとステキな絵にならないと
思い込んでしまってるかもしれません。

しいたけを描いた時
しいたけがあんなにも急速に
しなびていくなんて・・と驚きました。

また、描いているうちに
気が付いたら違う形になっていたということも・・

しいたけは傘が開いて傘の中が見えている物と
えの部分(いしづちっていう名まえだったような?)と
傘の間に毛がのようなものがある状態の
傘が開いていないものとあります。
写真は傘が開いていない状態。

描いているうちに自然に傘が開いて
いつの間にか中が見えていて
詳細に描いていた私にとっては
全く違う形に変化していた・・ということで
始め自分の目を疑いました。

そこで、しばらくしてやっと気が付きました。
傘が開いたんだと。
IMG_5745.jpg
こちら傘が開いた状態の本物のしいたけ

一度開いてしまうともう元には戻りませんから
描きかけの傘の開いていないしいたけを描くために
もう一度スーパーへ買いに行きました。

そんなことなどあって、
よく知っているはずのしいたけを
2,3個描いているうちに、
随分遊ばせてもらいました。

身近なものを描くのも楽しいです。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

2012年油絵ヒイラギと南天の実
hpヒイラギ

絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

あなたは、葉が好きですか?

先日絵を描かないとい方と
話をしていましたら
『私、葉が好きなんです』と。

花が大好きな私ですが
不思議なことに
植物画を描くようになって
観察すればするほど
花がなくても植物は魅力的だと
感じるようになっていまして
それで、大いに
彼女に共感してしまいました。

決して、花がなくてもいい
というわけではありません。

唯、花だけで葉のない絵は
なぜか物足りなく
味気ないのですが、
葉だけの絵はそんなに違和感がなく
意外といい感じなんです・・
117-1.jpg
花が咲いていたら
華やかですが
思えば大抵の植物は、
花の咲いている時期はとても短いですね。

気がつたら芽が出ていた、
気が付いたらこんなに伸びていた・・など
葉や茎の成長を見ながら
私たちは時の流れを感じたり

新緑を見てすがすがしさを体感したり
これから訪れる夏を想像したりします。

葉を見ている時期が意外と長いんですね。
065-1.jpg
魅力的な葉を描けたらステキですね。

今日も読んでいただきまして有難うございました。
435-1.jpg

IMG_5425.jpg
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

油絵具の上に座ってしまった・・

色を付けたボードを椅子に置いて
席を立った後、忘れて
その上に座ってしまったんです。

間違って、洗濯機で回してしまわないようにと思い
部屋に置いておいたのですが
また、忘れて
気が付いたら2週間も経過していました。

丁度、お尻の部分で、
絶対に隠せない部分です。
また、色が赤だったんですね~
困った・・でした。(汗)
IMG_5699 -筆クリン

それで、以前筆洗い液として、優れていると
ご紹介しましたアシーナ社の筆クリンで
試してみました。

この筆クリンは
ナイロン筆も、セーブル筆にも
ダメージがほとんどなく
よく汚れも落ちますが無臭、水溶性で
ご家庭内で絵を楽しまれる方には
とても扱い易い良いものです。
またお値段も300~400円くらいで
安価です。

①ズボンの内側に布をあてて、
まず絵具の付いた部分に
筆クリンを数滴垂らしました。

②別の布に筆クリンを付けて
絵具の付いた部分をトントンと
たたいてみました。
数回トントンした後の写真が一番上の写真です。
IMG_5426.jpg
驚いたことに
すぐにキレイになったのです。
すごい発見でした。
というより嬉しかったです。
ズボンが1着ダメにならずにすんだので。

絵具はアクリルも含めて
24時間以内に取らないと取れなくなる・
・ということがあって
2週間も経った絵具が
きれいにしかもあまり時間をかけずに
取れったということは
本当に筆クリンは優れています。

この筆クリンは筆洗い液なのですが
これまでの筆の汚れを取り除くというものではなく
絵具の中の『のり』成分の
付着する力を分解させるという考えのもと
開発されたと、以前伺ったことがあります。

誰でも洋服に絵具が付いてしまうことありますね。
キレイに簡単に取れたら嬉しいですね。

今日も読んでいただきまして有難うございました。

森林浴で癒される・・・今日は休息・・
IMG_4228 - コピー
絵で心癒されるの勝倉です。
今日も訪問有難うございます。

毎日暑いですね。
水分補給足りていますか?

そういえばブログを始めて
1年と一週間が経ちました。

あ~1年続いたんですね・・

始めは写真の添付の仕方もわからず、
兎に角わからないことばかりで
初めてブロトモになっていただいた方には
本当にお世話になりました。

親切な方で良かった・・

この場をお借りて御礼申し上げます。

また、
私のブログに訪問して下さいます方々
有難うございます。

絵で繋がる人の輪。
これからも大切にしていきたいと思います。

今日も読んでいただきまして有難うございました。